自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2016年10月31日月曜日

魔法のコンパス





キングコングの西野亮廣さん著

魔法のコンパス。










これ面白いですね
色んなとこで話題にもなってますが

視点が別次元で色々と勉強にもなりました。



書かれてる内容は日本でまともな教育を受けて来た人ほど
恐ろしい事言ってんなコイツ感がありますが

事実、時代はこの流れになってきてると思いますよ。




ロボットが出来ない仕事とは?




建築業に勤しんでる時に
中国でひょんなニュースがありました。

30階立ての高層ビルを15日間で建設。








なんかもうプラモデル感覚ですね。

もちろん安全性の部分では色々と非難もあったそうですが
M9.0の大地震にも耐えるという発表をしてるんですねこれは凄い。



さすがにこれはすぐ崩れるだろwww
むっちゃくちゃやっとんな中国www

と会社の方々は笑っておられましたが



もしこれが今まで以上の耐久性を発揮するボルトが開発されて
六本木ヒルズ以上の強度が出る資材が完成してしまったら

名古屋駅ビル以上に頑丈なビルが15日プラモデル感覚で建てれたら
しかもそれがロボットによってルーティン化してしまったら



必要なのは建物のデザイナーと現場監督とロボット操縦士だけです
職人はまったく必要なくなってしまうんですね。



この仕事に未来は薄そうだなと早々に見切りを付けて辞めましたが
建築業のみならずロボットに仕事を奪われる職業は結構あるでしょうね。



私は一軒家に住んでるので
「ホームセンターで買い揃えられるもので簡単な家の修理技術」
くらいは会社で身に着けようとは思ってますが

高層ビルばかりは用事ないですね住まないですし。



世界的に今
ロボットに出来ない仕事を探す必要が出て来てますね。




エンターテイメントの需要。




そうなってくると人にしか出来ないエンターテイメント業がアツイってなりますが
そんな簡単な物でもないのが現状ですよね。



そこに気付く人も必ずいるし
勉強したり経験したり実験したりで
今いるエンターテイナーよりも面白い人たちに
仕事を奪われる可能性ももちろんあります。



私的にはとっても面白い時代になりますね
勉強して経験して実験した本物だけが生き残る時代です。



私もこの先いろいろと仕掛けて行こうと思います
2~3件面白くなりそうな話もありますが
当然これだけで満足するわけありません

このブログもいわば私のビジネスフィールドです
地味に地道に発信していきますよー。



私と何か面白い事しましょう!




クロースアップマジシャンを選んだ理由。




なぜショーではなくクロースアップなのかと言うと
単純に1人1人の方にショーをするからです。



今や誰もがSNSを使って動画をショーターイム出来ちゃう時代ですから
動画では出来ない至近距離で魔法を体感してもらう事に意味があるんですね

カードを選んだのもサインをしたのもあなたです
打ち合わせがないのは一番解ってるはずですよね。



消えたコインがバッグに?消えたカードが財布に?
もちろんそれだけでは後々VRに仕事を取られますからね
ここに色々と仕掛けて行くわけですよ。



アイデアは無限大です
閃くか閃かないか気付くか気付かないか

本当に面白い時代になってきたなーと実感させられた本でした。





魔法のコンパスおすすめです。

アマゾンでアソシエイトしよーと思ったけどめんどくさいから
近所の本屋で買ってみてね!(´∀`*)




0 件のコメント:

コメントを投稿