自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2016年11月20日日曜日

名古屋系がお好き





ヴィジュアル系バンドの話ですよ。




黒夢 - Miss Moonlight






黒夢。




90年代のバンドブームに夢中になってた私世代だと

なんと言っても名古屋系を全国に押し上げたのは
黒夢という印象ですね。



Luna Sea とか Larc~en~Ciel とかの中に

「黒夢」ですよ。暗黒ですね。



インディーズ時代の楽曲やビデオもほとんど見てきましたが
一線を越えてますね。新しい時代を作った人たちです。



名古屋ミュージックファームや円盤屋は聖地ですよ。




Laputa - Vertigo




Laputa




そんな黒夢の弟分的バンドですかね

黒夢のインディーズクレジットには彼らの名前があったりします。



ダークでコアでメロディアスを地で行くスタイルです
眩めく廃人、眩暈あたりのインディーCDがやっぱりおすすめですね。



メジャーに行ってもLaputaのセンスは光ってた印象ですが
今は残念ながら解散しております。



再結成はよう!




Rouage - Endless Loop




Rouage




ちょいとイケメンお兄様要素をぶっ込みます
ヴィジュアル系ホスト達の鏡ですね。



インディーズ時代はLaputaと同じく
黒夢と並んで2大巨頭として存在したバンド
Silver-Roseの血を受け継いでおります。



こちらも解散しております
なんか色々と懐かしいです。




Merry go round - 白い華を散らして




Merry go round




ちょいと視聴注意かも知れません。

名古屋系の特徴は「暗くて、重い」にあったのですが
それをとことんまで追求したようなバンドですね。

ちょっとしたホラーです。



まさにアンダーグランドですね
メジャーでこんな事できないでしょうしw



高校生くらいの頃は友達同士で
「心霊系番組」を観るノリで聴いてたりしましたが
最近はまったく聴いてないです。 ←

お化け屋敷とか特殊なところで聴きたい曲かな。



今の時代これぐらい病的でクレイジーなアーティストがいた方が
エンターテイメントとして面白いんじゃないかなー。



守りの姿勢に入ったような曲を今さら聴いても
「またか」みたいな空気あったりしますしね。








ってゆー名古屋系の復活を望むおじさんの

爽やかな(?)青春の1ページでした。




0 件のコメント:

コメントを投稿