マジか。なんという・・・

Just another WordPress site

読書感想文

【書評】M

投稿日:

いつも一緒にいたかった~♪

ではなく
馳星周先生の短編集です。

「世にも奇妙な物語」のアダルトバージョンてとこでしょうか。

ブラックで、ダークです。

馳星周・「M」

4つの官能的な物語が楽しると思いきや
興奮するというより、若干へこむかも。

10年以上前に出された本なので
今は中古などでお求め安くなっております。

日常に潜む
官能的で鬱々しくて物悲しい
失望と絶望の世界を味わいたい方はぜひ。 ←

それでは4つの物語を
軽くレビューしてみますね。

眩暈。

妻子持ちの男性が
義理の妹の存在により
トチ狂っていく物語です。

私は節々でちょっと笑ってしまいましたが

笑える方と笑えない方と
別れそうな作品だなと思います。

どちらでもいいと思いますよ、ええ
性癖なんて趣味の話ですから。 ←

既婚者は笑えないかもしれない一品。

人形。

複雑すぎる家庭環境が生み出す
ねじれにねじれた偽造の幸福。

まじか(;゚ Д゚) 

的な展開もあって面白いです

読者を気持ちよく裏切ってくる技も
馳星周さんの好きなポイントなんですよね。

絡み合う愛に溺れて堕落していく女子大生のお話。

声。

声にだまされた
売春にハマる主婦が奈落に堕ちていく話。

と思いきや…(;゚ Д゚)

そっちがオチかい!ってなりました。
面白いです。まさかの展開。

絶望の夢から覚めれば
そこはまた、絶望の夢の中だった。

ってゆー
救いようのない話。 ←

M

風俗嬢に狂おしいほど恋をしてしまう
フリーターのお話。

彼女に会いたくてたまらないが
プライベートでは会えず、もちろん会うにはお金が必要で
好きな時に連絡が取れるわけでもない

そして嫉妬に狂った少年がとった行動とは――

これもオチは意外でしたね
物語としては、これまた最悪の展開です。

読んでると暗くなります
元気を出したい時に読むものではないですね(´∀`*)

4作品とも
艶めかしい官能の世界を前面に
裏では人間の黒い心理が渦巻いてるといった印象です。

甘い蜜の匂いに誘われて
背徳の世界をほんの些細な事で覗いてしまうと
そこは大きな口を広げて獲物を待つ暗黒の世界

次にその奇妙な世界の扉を開けてしまうのは
あなたなのかも知れません…。

テレレレレッ テレレレレ~ン ←テーマ曲

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書感想文

執筆者:

関連記事

no image

ホンモノを見分けられる人に、お金は転がり込んでくる!【書評】

情報社会をサバイブしようず。 ホンモノを見分けられる人に、お金は転がり込んでくる! 最近流行りの(?)フェイクニュースなどもそうですが 人の意見は基本的に利害によってねじ曲がったニセモノですので 鵜呑 …

no image

【人生】パートナーは宇宙人【省エネ】

STOP!夫婦喧嘩! ヒステリー化した女性をなだめる時に使うエネルギーはだいたい元気玉2つぶんくらいです。 (でら幸太調べ) 異性は違う星から来た生命体 そもそも、男と女では脳の作りや見た目からして違 …

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」 教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんで …

no image

【書評】本当に集中できた瞬間だけが人を強くする

コーヒーが好きなので。 世界一のバリスタが持つ集中術。 フリーポア ラテアート しゃれおつなアナタはご存じ抽出したエスプレッソにミルクを注いで絵を描くアレです。 大丈夫。おれも昨日初めて名前知ったから …

no image

これからの「正義」の話をしよう【書評】

「正義」とは、なんぞや(´・ω・`) これからの「正義」の話をしよう 「1人を殺せば5人が助かる。 あなたはその1人を殺すべきか?」 正解のない究極の難問に挑み続ける、 ハーバード大学の超人気哲学講義 …