自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2016年12月28日水曜日

ヒマなので「萌え」を考察してみる





2000年あたりから世に普及し出した



オタク文化の代表ともいえる感情表現
日本オリジナルのスラングです。



私自身もなんとなくしか知らないので
一緒に勉強していきましょう。








100年後あたりの学校教材に載りますよ。(多分






「萌え」とは。





萌え=オタク



という解りやすい図式が想像にたやすいため
嫌悪感を抱く方もいらっしゃると思いますが

これはオタクに限らず皆さまも感じてる感情で
二次元に限った話ではありません。



恋愛ともエロチズムとも違う
つい、顔がほころんでしまうような
純粋に「かわいい」と思う感情が「萌え」で

自分を慕ってくれる
小さい子供や動物に対する感情が近いと思います。








自然の賜物。





なぜ、小さい子供や動物に萌えやすいかというと

彼らは計算する事なく
本能の赴くままに行動するからなんです。



スマートな猟犬でも
産まれてくるときは萌え要素たっぷりの子犬です。

これは
力が弱く、一人では生きていけない子供は
親にかわいがってもらわなければならないので

体に丸みを帯びて
足腰もしっかりしてない状態で生まれてくるのです。



「かわいいと思われないといけない」
という純粋な生物の本能に萌えが発生するんですね。

転んだ反応ひとつでも
計算するかしないかだけで
天と地ほど差がある事は想像しやすいと思います。



つまり、計算せずとも
かわいいと思われたいという意識は
生物にもともと最初から備わってる武器なので
本能に従って行動するだけで

相手は萌えてしまうわけですね。おそろしあ。



それでは
色んなパターンを見て行きましょう。









ツンデレ。





いわゆる「オタクの萌え要素」代表ですね。



「スカート好きな男のためにスカートを穿く」
という計算行為を

「これは計算ではなく、気分です」
という嘘で隠す高度なテクニックです。



「自分が相手に好意がある事を
恥ずかしいから知られたくないという本能」

ここがツンデレ萌えの重要な部分ですね。



もちろん、この重要な部分を計算してしまうと
萌え要素は一気になくなるどころか

逆に「計算高い人」という悪印象を
相手に与えてしまう事になるので

ツンデレ萌えを狙って発生させるのは
かなり高難度かと思われます

あまりおすすめはできませんね。



あくまで
心の底から自然に恥ずかしがるのがポイントです。








ギャップ。





普段、サバサバしてるお姉さん肌の人が
実は物凄い甘えん坊だとか

いつもしっかりして頼りがいのある上司が
寝グセついたまま出社してくるとかが

解りやすいパターンじゃないでしょうか。



これは
「本心を隠してしまう」
というツンデレ萌え要素の逆パターンで

「隠している部分を相手に晒してしまう」
という本能技なのですが



これの恐ろしいところは

狙って出しても
ある程度の相手は萌えてしまう

というところなんです。



狙い方はいたってシンプルで
普段からしっかりした常識人として
自信を持って生きてるだけでいいのです。



人間どんなにしっかりしてても
必ずどこかでヘマしますし
これが心を許してる人間の前ならなおさらです

ここをスナイパーのヘッドショットばりに狙うわけですね。



解ってて無差別に狙いまくる小悪魔はまさにテロリスト
うっかり財布の中身を狙われないようにしましょう。☆(ゝω・)v



これを理解するのとしないのとでは
人生に与える影響は計り知れないと思われます。



ぜひ、狙ってみてください。








「かわいい」は正義。





悪用さえしなければ
悪い事なんて1つもないですし

むしろ癒され要素にもなるので
二次元、三次元に関わらず

萌えさせたり萌えたりすることは
いい事だと思いますよ。



萌える対象なんてなんでもいいんです
趣味の話なので。 ←



2017年も
「萌え」で悶絶しようぜ!









こんなん反則やわ(´・ω・`)



君には勝てんけど。 ←ポイント稼ぎ





0 件のコメント:

コメントを投稿