さくっと「小説・ノベルズ」

まさに「衝撃のラスト!」 『暗闇で踊れ』【小説】

投稿日:2017年1月2日 更新日:

 

見事に踊らされました。

 

がっつりミステリーです。

馳星周・暗闇で踊れ。

警察官と天才詐欺師の壮絶な鬼ごっこです。

650ページに及ぶボリュームの中で徐々に真相が明らかになっていき、衝撃のラストを迎えます。

 

ドキドキしながら読めて面白いですが、馳先生お得意のブラック&ダークな内容なので元気を出したい時に読む本ではないです。 ←

まじか(;゚ Д゚) 

が多発して脳内のドーパミンが暴れまわる小説です。

 

氷の中で燃え上がる愛。

この物語には色んなかたちの愛情が出てきます。

それは見ようによっては歪んだ醜い愛情でもあるし、一途な純白の愛情でもあるし

それぞれ読み手によって捉え方が違いそうで面白いだろうな~と思いました。

 

黒い愛と白い愛が渦巻く中、彼らを迎える未来とは―

 

どちらにしろ

詐欺はやっちゃダメよ!( ´゚д゚`)

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

【2016】 君の膵臓をたべたい 【ベストセラー入り】

  2016年ベストセラーの中でも私はこれを推しますね。   Follow me!

バビロンの階段【小説】

  ザ・現代っ子。   Follow me!

時計じかけのオレンジ【小説】

  なんてハラショーなんだ。   Follow me!

ダ・ヴィンチ・コードを超える一気読み本! 『オリジン』【小説】

  われわれはどこから来て、どこへ行くのか― これは、「人類はどうやって生まれて、どのような終焉を迎えるのか」ということです。   この説にはいろいろあって、有名なのが 「神々が創 …

世界が歩む可能性のあった、冷たくも温かい世界 『消滅世界』【小説】

  あり得そうな未来ですねえ。   Follow me!