自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2017年1月14日土曜日

【今さら】 イーロン・マスクが凄い 【ですけど】





思いっきり影響を受けております。



関連記事:未来都市の創造者 イーロン・マスク








ヤバすぎわろっしゅ。






人類火星移住計画





イーロン・マスクが2002年に起業した宇宙企業
「スペースX」はNASAも認める民間のロケット開発事業です。



民間で宇宙事業やってるのがもう凄すぎますが
やってる内容はもっと凄い。



4000機の通信衛星で世界中どこでもネットが使えるようにするとか

今までは使い捨てだったロケットを再使用化したり
最新の3Dプリンターで部品作ったりと徹底したコストダウンするとか

「モジュラー・アプローチ」という
前段階で利用した技術を次の段階で利用し
開発のスピードを早めたりと

もうユーチューバーの「やってみた」ノリでやってます。



独創的なコスト削減をして
人類を安全に火星まで運ぶために
日々研究と実験を繰り返しております。

私もSNSでフォローしてますが
見てるだけでワクワクしますよ。



私たちが宇宙旅行に行けるのも
そんなに遠い未来じゃないかもめ。









未来を走る電気自動車





2003年に誕生し、「より価格を下げた電気自動車」の生産を実現するために
イーロン・マスクが個人で投資しCEOとなった自動車メーカー

テスラ・モーターズ。



わずか10年ちょっとで世界中の自動車メーカーを追い抜き
電気自動車販売台数トップを走るすげー会社。



目的はもちろん
石油依存を減らし、CO2排出量を低減するという人類救済。



現在でも各自動車メーカーがこぞって電気自動車を作ってますが

普通は安全性を重視し、電気自動車専用のバッテリーを作るところを
なんとこのイーロン・マスク

パソコンなどに使われる
世の中で最もよく作られてるリチウムイオン電池を使って
電気自動車を生産、開発してるんです。



世界でもっとも使われている電池だし
技術も性能も一番いいはずだからこれ使うわ(´∀`*)

みたいな感じらしいです。
てきとうじゃねえの?(´・ω・`) ←失礼



部品を設計に合わせるという業界の常識を持っていないため
革新的なアイデアで世界を救済出来るんですね。



超高級車 → 高級車 → 大衆車の順で販売すると発表した通り
今年はいよいよ大衆車の登場です。

価格は新車で390万ほどで
すでに40万台以上の予約が入ってるんだとか。

テスラ・モーターズはガンガン成長して欲しい
今一番注目してる自動車メーカーです。








ハイパーループと太陽光発電





「化石燃料に依存しない」
というテーマから買収した太陽光発電事業ソーラーシティ
イーロン・マスクが手掛ける事業です。



いくら電気自動車が走行中にCO2を排出しないと言えど
充電に使われる電気が化石燃料を使って発電してたら
一緒じゃね?( ´゚д゚`)

って事です。仰る通りですね。



もちろん、それだけでは留まらず
太陽光で集めた電気をより多く溜めるために
「パワーウォール」なる定置型蓄電池が開発されました。

電気を効率的に溜めておける蓄電池があれば
さらに効率よく、自然燃料に頼らずに電気を供給できるんですね。



これが低コストで世の中に普及しちゃえば
「原子力発電なんて要らねえ」ってなって
問題も一発で解決しちゃうわけです。すごいですね。



そしてそんな太陽光などの再生可能エネルギーを使ったものがこちら








ハイパーループ。



2027年に東京~名古屋間を走る予定の
中央新幹線リニアモーターカーの2倍以上のスピードでイケちゃうぜ

ってゆープロジェクトが進んでます。



ってなると当然
ハイパーループが先に日本上陸しちゃうと
リニアモーターカーの出番がなくなります。

何やってんの日本人。 ←



飛行機で1時間かかる距離でも
30分で到着するらしいですから凄いですよね。



問題もいろいろあるみたいですが
あくなき挑戦の連続は必ずハイパーループを実装させると確信しております。



かっこいいぜ!イーロン・マスク!








とまあ
個人的に凄いなと思うところを記事にしてみたわけですが
イーロン・マスクを語り出したらキリがないので、この辺で。

金儲けのためではなく
あくまで人類を救済する目的で事業してるところがヒーローですよね。



テスラでもらう給料なんて州が定める最低賃金の年収400万ですよ。社長なのに。



私も人類を救済するために早速
コンビニで売れ残ってるであろう甘いものでも食べながら



いろいろします。








雪がやんだら二郎いく。





0 件のコメント:

コメントを投稿