明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

【書評】やわらかい頭の作り方

投稿日:

「常識」にとらわれ過ぎないように。

おもしろい人になろう。

やわらかい頭の作り方

つまらない人になりたいか、おもしろい人になりたいか
それだけの話ですね。

常識にとらわれ過ぎれば、つまらないし
ぶっ飛んだフレッシュさは、おもしろいんです。

この「つまらない」と「おもしろい」は
これから先は凄く大切になってくると思われます。

小さい頃に習ったこと
親や教師に教えられたこと

もう1度よく考えて、疑ってみてはいかがでしょう。

ゆる~いイラスト付きで
固定観念をゆる~く取り払ってくれる1冊です。

「常識」=「思考停止」

「常識」とされてることのほとんどは

過去に起きた事例などから割り出される
知識、価値観、判断力の事ですので

時代が流れて変わって行けば
常識は非常識となり、通用しなくなります。

「これは、こうだから、こうだ!」
ってゆー常識の話を持ち出してくる方は

「考えるのがめんどくさい」と思ってる
つまらない人だと気付いたので

私はこれから
常識の話はしないようにしたいと思います。

常識なんて

「人を殺めてはいけませんよ」とか
「暴力をふるってはいけませんよ」とか
「物を盗んではいけませんよ」とか

それくらいでいいんじゃないか?

脳内マッサージ中(´∀`*)

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

スノーボール【書評】

ウォーレン・バフェット氏の伝記です。 スノーボール 世界で最も有名な投資会社 バークシャー・ハザウェイの会長兼CEOにして、 世界で最も尊敬される大投資家ウォーレン・バフェット。 その知られざる生活、 …

こんな生き方もあるのです 『サラリーマン2.0』週末だけで世界一周【書評】

  ネオ・リーマンです。   Follow me!

人生は『Win-Win or No-Deal』

  考察していきます。   Follow me!

no image

自分の良心に生きること by 老子の言葉【書評】

  これはグッときますね。   幸せに生きるための指南です。   老子の言葉 まず 「老子」ってだれやねん( ´゚д゚`) って話ですが 紀元前6世紀ごろの中国の哲学者で …

『相手の心をぎゅっとつかむ語彙力』【ビジネス】

  さくっと読めて勉強になりました。   Follow me!