自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2017年3月24日金曜日

【書評】AI時代に生き残る企業、淘汰される企業





「個人価値」を高めなければならない時代へようこそ。









おもしろいですね~。




AI時代に生き残る企業、淘汰される企業





こーゆー話大好き(´∀`*) ←



今後の社会の在り方を
思いっきり変化させる可能性のあるテクノロジー


  • AI
  • シェアリング・エコノミー
  • IoT
  • フィンテック


から見る

生き残る仕事
無くなる可能性がある仕事
詳しく分析して解説してくれる1冊。



軽くレビューしていきますね。




AI





正式名称は「Artificial Intelligence」
人工知能のことです。



現在すでに様々な場面で
じわじわと社会進出しております。



有名なのは
SiriやらLINEのりんなちゃんに始まり

アマゾンの「あなたにおすすめ商品」
FaceBookの「知り合いかも」など

ユーザーの環境や行動を学習して
有益な情報を提供してくれてますね。



膨大な量のデータを記憶できて
質問に対する応答、学習機能
さらには感情的な部分も日々進化してるので

AIが人類を完全に超える時は、必ず来ます。



一番の脅威はなんと言っても
コンピューターなので疲れを知らないところだと思いますね

進化すればするほど
私たちの生活が驚くほど変化するテクノロジーです。



AIの特性上、なくなる可能性のある仕事や
AIには不可能な仕事など

様々な視点から解説してくれます。




シェアリング・エコノミー





インターネットを通じて
企業や個人の間でサービスなどをやり取りする仕組み。



民泊サイト「Airbnb」
タクシー配車アプリ「Uber」
フリマアプリ「メルカリ」などがこれに当たります。



つっても
これと言った定義があるわけでもなく

「情報技術を使って共有する」感じのことを
シェアリング・エコノミーと言うらしい。



例えば
これを駆使した配達サービスが進化すると



仕事で名古屋から東京まで移動する機会がある

スマホで場所と時間帯が合う配送案件を探す

配送センターで荷物を受け取り
配達先に届けてから自分の用事を済ませる



という副業が誰でも可能になり

運送事業者の仕事が
一般人にシェアされてしまうので
配送業あたりはヤバイですよね。



とまあ、不安を煽るだけではなく
単純に面白い情報だと思いますし

「こうしたらいいんじゃない?」
的な対応策も例として載ってますよ。




IoT





機械に搭載したセンサー
インターネットに繋げたサービスのことで
これを冷蔵庫などに搭載した場合



玉子や牛乳などがなくなったり
賞味期限が切れたりすると

スマホで知らせてくれたり
アマゾンに注文してくれたりします。超便利(´∀`*)



AIやロボットなどで
完全に自動化した製造業などの工場だと

機械にIoTを導入したら
故障や不具合の修理、メンテナンスなど
勝手にやってくれます。



もはや工場は、完全に無人の不動産と化しますね。



医療の現場などでは
着ている服にIoTを搭載すれば

体温や発汗などの情報で
患者や高齢者の体調をシステム上で管理したりと
すげえ楽になります。ヤバイね!



個人的に一番衝撃を受けました
最先端のIoT技術や未来の産業をお楽しみ下さいませ。




フィンテック





ITを駆使した金融サービスです。



今だと

一般の人や著名人が立てたプロジェクトに融資を呼びかける
クラウドファンディングだったり

アマゾンが発表した
商品を取って店を出れば勝手に決算してくれるコンビニだったり

ビットコインなどの仮想通貨がフィンテックに当たります。



これが進化を遂げると
現金が完全に要らなくなるので

送金や現金の引き落としなどで発生する
手数料などがビジネスの一部だった銀行などは
大打撃を受けますし

投資や融資が民主化するので
金持ちがさらに金持ちになる事がなくなります。



フィンテックの仕組みは本当におもしろいですね
お金の勉強はしておいて損はないですよ。




ということで





単純に仕事がどうとかなんてのは
基本的にどうにでもなると思ってるので
必要以上に不安にならなくてもいいと思いますよ。



勉強さえしていれば。 ←



私はただ、最先端のテクノロジーの話が好きなだけなので
そーゆー類の本を読み漁ってる次第であります。



趣味は未来予想ですから(´∀`*)








刺激的な1冊でした。おすすめ!





0 件のコメント:

コメントを投稿