自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2017年3月8日水曜日

ベーシックインカムの素晴らしさをしつこく熱弁する ~育児へん~





育児は大事なことです。








前回の続編ですよ。




前回の記事はこちら。





育児はまさに「過酷な重労働」





私はあまりに根暗な性格をしているため
独身人生を謳歌せざるをえない状況ですが

周りの親戚や友達など
えっちな奴らがバンバン子供を生むので
小さい子供との接触は多々あるから解りますよ。



子供の面倒を見るのは
かなり過酷な重労働です。



イヤイヤ期まっさかりの子供とずーっと一緒にいたら
1日で発狂しそうになります。まじで。

これなら仕事してた方が断然マシ。



いきなり機嫌が悪くなって泣き出す
遊んでたら兄弟喧嘩に発展して暴れ出す
目を離したスキにブラジャーを装着する(これは別にいいけど
しかも、言う事なんて一切聞かない



5分置きにパルプンテかけられるようなものですよ
家の中はまさに百鬼夜行。

1日ずーっと面倒見るのは
かなりキツイと思います。



私からも全国のお父さんに

「お母さん達の負担を減らしてあげたいので
ぜひ子育てに参加してあげて下さい!」と

世の女性のポイント稼ぎがてら
お願いしたい所存なのですが



仕事やお金という
切っても切り離せない生活の糧があるのも解るから
強くお願いできないんですよね~。




ベーシックインカムがあれば!





自由に育児休暇を取って
子育てに参加できちゃうよ!やったね!



奥さんに家事をやってもらってる間
子供にイラン事を教えたりして遊んだり

奥さんに買い物に行ってもらってる間
子供にキャバクラごっこという
斬新な遊びを提供してみたり

家の仕事を分担できるんですね!素敵!



もちろん
子供が学校や保育園に行ってる間

午前中に2人で家事を済ませて
「たまには2人でランチでも行くか?」

なーんて外に誘い出して
半日もえっちな事できちゃいますよ!
おい!昼間っからこのやろう!(´∀`*)



いや、これ大事な事なんですよ。

女性はお母さんの役を演じてるだけであって
中身は恋人のままなんです。



ランチ中に視線をちょっとずらしながら
「君はなんでそんなにかわいく生まれてきたのかな…」
とか言ってごらんなさい。



その夜
すげえ下着つけて寝室に現れるから。




という事で





私はベーシックインカムについては
仕組みや効果などからも
もはやメリットしか感じてないので

導入した方がいいだろうなーと思います。



仕事で疲れて帰ってくるのも解りますが
育児ほど過酷ではないと思いますよ。正直。

積極的に協力してあげて下さいね!








この絵が気に入ってたりする。どうでもいいけど。





0 件のコメント:

コメントを投稿