マジか。なんという・・・

Just another WordPress site

読書感想文

常識を疑え by 枠を壊して自分を生きる【書評】

投稿日:

これは面白い!

枠を壊して自分を生きる

アンドロイド(人間酷似型ロボット)研究者の目線から
「常識を疑うこと」を見出す1冊です。

クセや仕草など
自分そっくりに作られたアンドロイドには

周りがいくら「そっくりだ!」と言っても

本人は
「おれこんなん!?」
という違和感があるそうです

自分の声を録音して、自分で聞いた時に
「これ、おれ?」と同じ現象ですね。

そこで実感したのは
「自分のことは、自分がよく知ってる」
と言うのは大きな間違いで

「他人しか知らない、自分がいた」ということ。

自分で「私はこーゆー人間だ」と
勝手に常識を作り出して限界を決めない方がいい

自分の可能性を枠にはめて押し殺すより
自分や周囲が作った枠組みをぶち壊そうぜ!
って本です。

奥の深い話が満載ですよ。

見てこの折り目。 ←

あらゆる枠組みは必ず変化する

AIなどには出来ない
人間特有の大きい部分と言われるのが

「深く追求して、考える」ことです。

「自分とはなにか」「人間とはなにか」
「人はなぜ、生きているのか」

という問いに

  • 神様がおつくりになった
  • 繁殖するため
  • なんでも

なんて
誰かが作った常識で思考停止するのは
アンドロイドやAIとなんら変わりません

人は考えるから、人であり続けるのです。

アンドロイド研究者ならではの視点で

「人間らしさとは何か」
「これからの時代は」
「他人を通じて成長する方法」

などを解説する
勉強になりまくりな1冊です。良著!

これは読み倒します。おすすめ!

  • 「自分は何者なのか」
  • 「生きてる価値はあるのか」
  • 「人生とはなんなのか」
  • 「もっと自由に生きたい」

このへんに思い当たる方は、ぜひ。

Follow me!

-読書感想文

執筆者:

関連記事

no image

吉原で生きる【書評】

色街・吉原のリアル。 吉原で生きる 日本の風俗街の代名詞的な存在である、東京・吉原。 江戸時代から続くこの色街は、とにかく不思議な場所だ。 付近に鉄道駅がない、陸の孤島。 周囲は360度住宅街にぐるり …

no image

【書評】消滅都市の片隅で

私も一瞬だけ遊んだ事のあるスマホゲーの公式ライトノベルです。 消滅都市の片隅で。 消滅都市「ロスト」の生き残りであるユキと運び屋のタクヤが織り成すSF物語で 囚われの身となったユキを救い出し家族の待つ …

no image

すぐやる人の”超えてる”思考法 【書評】

啓発です。 すぐやる人の”超えてる”思考法 結果を残す人と残さない人、 改革を実行できる人とできない人、 人生を充実させている人とそうでない人、 その差は一体どこにあるのか――。 本書で取り上げるのは …

no image

となりの億万長者【書評】

お金持ちになりたい人へ。 となりの億万長者 億万長者とは、実際どんな人々なのか?─ アメリカ富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士とダンコ博士は、 1万人以上の億万長者にインタビューとアンケートをし …

no image

都合のいい読書術【書評】

本の本質は、才能を映し出す鏡である。 by 本書。 都合のいい読書術 本書冒頭で著者は、フェイスブック創業者、 マーク・ザッカーバーグ氏が選んだ必読書リストについて、 噛み応えがあり、栄養価の高いもの …

IMG_0550.JPG

てきとうに生きてます。ダメ着の似合うおじさん。