無駄に考察する

内装業のメリットとデメリット

投稿日:2017年5月16日 更新日:

書いてくお(´∀`*)

 

私は

商業施設や病院や倉庫
マンションや工場などの建物内の

内張りを組み立てていく仕事をしております。

 

これが内装のボードを貼られた状態ですが

 

貼る前の骨組みはこんな感じ。

このボードを貼るところを作る仕事をする人を
「軽天屋」と言います。

ちょっと中二くさくてかっこいいでしょ。 ←

それではこの仕事のメリットとデメリットを書いて行きます

「仕事なにやろっかな~」って方は
何かの参考にどうぞ。

 

メリット

1.天候に左右されない

これが一番魅力的。

雨が降ろうが雪が降ろうが関係ないです
だって屋根あるもん!(´∀`*)

雨の中カッパを着る必要もなければ
雨で休みになるわけでもないので

天気予報とは無縁です。

雨風しのげてぬくぬく仕事ができるのは
本当に良いなーと思いますね。

2.材料が比較的軽め

意外とそんなに重くない

って言っても
「鉄や木材と比べたら」って話ですので
数を増やせば当然、重量はかかってきますよ。

3.楽しい

プラモデルを作るのが好きな人は
この仕事にハマる確率が高いと思われます。

図面通りに材料を加工して組み立てて行くので
ハマると脳がフロー状態になり、時間を超越します。

気付いたら夕方。

 

デメリット

1.体に悪い

軽天屋自体はそんなことないのですが
同じ施設内に仕事してる塗装業社さんがいたりすると

閉め切った部屋に有害物質やほこりが飛び交いまくるため
マスク必至になる時があったりします。

2.時間

別に内装だけじゃないけど

基本的に現場仕事は朝早いし夜遅かったりするので
平日の予定は結構組みづらい。

3.材料費

世界情勢やらなんやらが絡むと
材料費が変動します。

安くなると割りに合わなくなってくるので
必然的に労働時間が長くなりますよ。

世界中の金持ちが遊んでるんじゃねーのか

と思うくらい、材料費は変動しやすいです。
多分どの業者もだと思うけど。

今は比較的落ち着いてると思うので
ちゃんと8時間労働で帰れるはずです。ブラック企業じゃなければ。

 

私は建築関係もいろいろやってるけど

これが一番怪我しにくいし
建築業未経験でもとっつきやすい仕事かもめ。

建築業は基本的に
図面が読めて技術があればいいので

ズブの素人でも
1年あれば出来るようになるんじゃないかなと思います。

他業者の仕事とか周りが見渡せるようになれば

もはや人を使うだけになるので
技術とかもうどうでも良くなるしね。 ←

興味のある方は
ちょろっとどんな感じの仕事かな~って
体験でもやってみるといいかもめ!

 

RPGの機械城にいる気分になるよ!(´∀`*) ←

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

no image

絶妙にエロい漫画が好き

  「童心を忘れない」が人生のテーマです。     独身をこじらせた結果 私は絶妙なエロさを醸し出す漫画が大好きです。 わかりますか?この「絶妙さ」というもの。 &nbs …

no image

自分の子供に老後を丸投げするとか酷すぎ

  私は長男ですが 親の面倒を見るとかは別物だと思ってます。   冷たい人間と思われそうですが、仕方ない。   親のために生まれたわけでもないですしおすし 「生んでもらっ …

「そりゃ若い子は頭が良くなるわ」って思った話

  ビビるくらいに。   Follow me!

昔の人達の芸名がかっこいい

  このなんとも言えない洗練されたセンス。   Follow me!

安価に頭を使うエンターテイメントなら断然「ミステリー小説」がおすすめ

  にっき。   Follow me!

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。