明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

無駄に考察する

でら幸太の「やらかし未来予想図」

投稿日:

きっと、何年経っても。

転職の話ばっかしてるけど

これはもちろん
今の仕事が楽しい!って人は
転職しない方がいいですよ。

楽しい!と思えるってことは
まだまだ伸びしろがあると言うことなので
行けるとこまで成長するのがいいと思います。

ただ
今の仕事が流れ作業化して思考が停止する人や
今の仕事に未来性を感じない人は

色んな仕事をバイトでもいいから
やってみたらいいんじゃない?って話です。

では、未来予想を絡めつつ
未来性のありそうな仕事を考察してみます。

インストラクター

正直これが一番おすすめ。

ベーシックインカムで生活を保障されて
仕事をしない人達はなにをするかと言うと

体を鍛えだします。ヒマだから。 ←

ダンススクールやスポーツジムやトレーニングジムなどなど
この辺に生徒が殺到すると思われますので

インストラクターとかいいんじゃないかなと思いますね。

私もそこまでムキムキになりたいわけではないですが

最近、腹筋くらいうっすら割っておきたいなと思って
トレーニングやりだしました。夏だしね!(´∀`*)

EXILEさんやプロアスリートをクライアントに持つ
有名な方らしいです。

今日から少しずつストレッチから始めるよ!

私の腹筋をうっすら割ってくれるインストラクター募集中です。

DJ

基本的にエンターテイメント業はおすすめですが
中でもDJはほんとおすすめ。

別にクラブや野外イベントなどで回さなくても

ネット配信やブログやsnsでプレイすれば
オーガナイザーやイベント関係者にアピールできちゃうし

リスナーが増えれば
広告収入で稼げちゃうところもミソ。

こんなこと言ったら
パーティーDJの方々に怒られそうですが

その人のカリスマ性だったり
ネームバリューのあるアーティストと絡んだり
おもしろいイノベーションを起こせた人ならば

USBメモリにmixした曲入れておいて流せば
現場でのテクニックなんて要りません。

日本はどうなってるか解りませんが
海外のDJとかそんな感じになってきてるみたいですしね。

要するに
「来てるお客さんが何を求めてるか」って話です

もくもくとDJプレイに夢中になるのか
DJプレイを自動化して自ら客を煽るパフォーマンスをするのか

音楽業界ほどイノベーションが起きやすく
流動しまくる業界はないので

昔ながらの思考を持ったDJは
どんどん淘汰されていく気がしますね。

今から始めるなら
「時代に合わせて変化し続けれるDJ」
が絶対条件な気がします。

ただ
即金性はないので

副業スタートで
空いた時間にちょっとずつ集客してく

ってスタイルから始めた方がいいです。

祭り系

ざっくりしてますが。 ←

テキ屋さんとかそーゆー感じ?

ベーシックインカム導入後は
働かなくてもお金が確保できるので

体を鍛えるか、パーティーに行くか
祭りに行くかじゃないかと。

お祭りって
時間とお金さえあれば行くんだけどな~
って声を結構聞くので

時間とお金がある時代になったら
全国の祭りに人が集まりそうな気がしますよね

いっつもどっかの土地で祭りはやってますし。

食系

まあ、これが一番手を出しやすいですね。

これまた働かなくなったら
人々の食への興味は加速すると思いますよ。

だって

することねーんだもん( ´゚д゚`) ←

まあ、ベーシックインカムも
そうそう早く導入される物でもないけど

今やれることは、やっといた方がいいかもめ!☆(ゝω・)v

ちなみに何が起きても責任は取れませんので
転職や副業は自己責任でね!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

no image

ベーシックインカムの素晴らしさをしつこく熱弁する ~育児へん~

育児は大事なことです。 前回の続編ですよ。 前回の記事はこちら。 育児はまさに「過酷な重労働」 私はあまりに根暗な性格をしているため独身人生を謳歌せざるをえない状況ですが 周りの親戚や友達などえっちな …

【労働論】君や僕がここからいなくなっても、誰も困らない

  という、精神。   Follow me!

「価値のあるもの」作れますか?

  もはや「モノ」に価値はないですね。   Follow me!

天才とは1%のひらめきと99%のヒマな時間である

  いろんな「天才」を見てきて思ったこと。   Follow me!

no image

「直感」に従って生きよう

「直感」には素直になるべし。 よく言われるアレ 「女の勘は鋭い」って理論は脳科学や生物学の話でもお馴染みで 女性はコミュニティ(家族)を侵害する恐れのある天敵(男性の浮気相手)の存在には 常に警戒しな …