無駄に考察する

ラブドールにAI積んだら人類終わるな

投稿日:2017年6月25日 更新日:

 

日本人にこーゆーことやらせたら世界一ですよね。 ←

 

少子高齢化どころの騒ぎじゃないぞ(´・ω・`)

 

ラブドール

今や市場が凄い事になってきてますので
知ってる方も多いと思いますが

世の男性を熱狂させてる
例の人工彼女たちですね。

ちょっと前に
大手のオリエント工業さんが
東京でラブドールのイベントを開催し

多種多様の方がレポに行って
大注目を浴びてた模様です。

私も某ブロガーさん達の記事を見てビビりましたが

もうこれ
人間じゃん( ´゚д゚`)
ってレベルでした。

 

人類のピリオド

今はまだ認知も少なく

こんなんキモオタだけだろwwww
的な扱いですが

このまま進むと
人類の歴史に終止符を打つ可能性もありますよね。

これだけリアルにダッチワイフを作る技術があり
巧妙に男心をくすぐるAIが彼女たちに積まれたら

気難しい乙女心を持つ女性に群がる男性は一気に減り

恋愛に対して
単純な思考しか持たない男性は

なにからなにまで
自分のタイプそっくりそのままのパートナーを作るようになります。

そうなったらもう

世の女性たちは
ラブドールの男性版を作るしかなくなりますね。

ということは

子供は当然、出来なくなります\(^o^)/オワタ

 

アンドロイドの世界

世間の夫婦を見ててもそうですが
「相手に不満がない!」って方はまずいないので

不満がないパーフェクトな人間を
人工的に誕生させる技術が出来てしまったら

あっさり離婚に応じる夫婦がどれだけいるのか
って話ですよね。

まず
「いやー結婚して良かったよ~」
なんて話は一切聞かないどころか

「結婚なんてするもんじゃないよ~」
って話しか聞かないので

男性は結婚をためらう方が多いです。

この
「結婚するもんじゃないよ~」の内訳は
ほぼ、パートナーに対するものなので

そんな話しか聞かない世の男性たちは当然
女性にアプローチしなくなります

これが巷で言う「草食化」の実態ですね。

そうなると当然

草食化する男性に
世の女性たちは不満を持つことになります。

人間である以上
相手が誰であろうと

付き合いが長くなればなるほど
小さい不満が出てきて

必ず、大きくなります。

ここで不満が爆発し
「離婚だ!」ってなると

まず法的な手続きがめんどくさい
財産やらなんやらで泥沼化する恐れもありますが

アンドロイドが相手なら

不満があっても我慢することなく
とっても簡単にさよならできてしまいます。

この利点が個人的に
とっても恐ろしい(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクブル

アンドロイドの技術が世界をどう変えるのか
私はとても興味津々で目が離せないのです。

人間が持つ無限大の知能と好奇心が
リアルな人間のすべてを超える日は

いつかは確実に来るでしょうね。

 

なーんてね!☆(ゝω・)v

なんとなく不安な要素を煽ってますが

今のところAIでは
人間の「想像力」などには到底及ばないので

RPGの村人くらいの受け答えしか出来ません。

つまり
プログラムされた感情のみの対応となるので
とっても味気ないのです

もちろん、そのぶん
相手の不満にムカつくことも無くなるわけですが。

このまま技術が進んだら
あらゆる感情を表にするようにもなり

「相手が不満に思うような行動をしない」うえに
「相手が欲する行動をする」等の

パーフェクトヒューマンが誕生するとは思いますが

それが完成する頃には
不老不死の技術もあると思うので

まあ、平たく言えば
もう繁殖しないよね!ってなりますね。

こーゆー技術の進化を見ると

なんとなく
人類の未来はそっちに向かってるんじゃないかなー

と思っちゃいますね。

ストレスフリーが生み出す、サピエンスの未来です。

 

「花がキレイだね(´∀`*)」

と思えてしまうAIが出来たらガチで終了だな。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

no image

i Phoneで遊べ!

未来の仕事道具を子供から取り上げないように。 信長の逸話 ソフトバンクオーナー孫正義さんの話で好きなのが この織田信長の「鉄砲三段構え」誕生の話。 武田軍最強の騎馬隊を壊滅させた火縄銃「種子島」部隊に …

no image

とにかく、やろう

対策は、そのあと考える。 ( ´ ▽ ` )ノハーイ ←大事 あれこれ考えてたら絶対になにも出来ないので とにかく、動くそれから、考える ってのが凄い大事な時代です。 資金なんて ぼくはこーゆー事やり …

no image

マジックは「どうやってるか?」から「君にこれが出来るか?」になってく

テクニックの競争ですね。 オープン・イノベーション 今までのマジシャンは本やDVD、アイテムを買って勉強したり師匠的な人に教えてもらって練習したりしてました。 もちろん、そこにはお金や労力がかかってる …

no image

ヒマだから「チョコ要らない系男子」の本音を熱く語る

今年もやってきましたね。この季節が。 ところが、私もそうなんですが最近は「チョコいらない」って男性が増えてるみたいで 「なんで?チョコ欲しいんじゃないの?」と不思議がられるのはまだいいとして 「え?貰 …

昔の人達の芸名がかっこいい

  このなんとも言えない洗練されたセンス。   Follow me!