自己紹介

2017年6月22日木曜日

マジックは「どうやってるか?」から「君にこれが出来るか?」になってく





テクニックの競争ですね。









オープン・イノベーション





今までのマジシャンは
本やDVD、アイテムを買って勉強したり
師匠的な人に教えてもらって練習したりしてました。



もちろん、そこには
お金や労力がかかってるので

ネタの他言や流通などはなかったのですが

インターネットの普及により
特になんの苦労をすることもなく
誰でもマジックの裏側を知ることができるようになりました。



今やプロマジシャンが
YouTubeにプロ級の技のネタばらしをする時代ですからね

「情報をみんなで共有する時代」になって

一番生きづらくなったのは
マジシャンの方達じゃないかなと思います。




タネや仕掛けはもうどうでもよさげ





私も最初は古典マジックからスタートして
新しいテクニックや仕掛けなど

おもしろそうな技は買ったり教えてもらったりして
一生懸命に練習したりしてます。



相手に見えないように色々やるので

見てる人からすれば
あたかも魔法のように見えますが

もちろん、思いっきり仕掛けや技があります\(^o^)/



でもこれ
見た後にググったらネタがでてきちゃうんですよね(´・ω・`)



なので、最近のマジシャンたちは
タネや仕掛けがバレたところで動じない

あらゆるテクニック+αなパフォーマンス



ネタがわかったところで真似できない
神業を披露する傾向にありますね。



マジック界も凄まじいスピードで進化してます

魔法を見せるエンタメから
華麗なテクニックを見せるエンタメに変わって行ってますね

それはそれでおもしろいじゃないですか
どちらにしろ、お客さんを楽しませればいいのです。








いい気分転換になるんです。マジックの練習。



そろそろ新ネタでも考察しようと思います。



いい夜を。





0 件のコメント:

コメントを投稿