自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2017年6月18日日曜日

宝くじで1億円当たった人の末路【書評】





こーゆーのが気になるタイプです。









宝くじで1億円当たった人の末路





単純に



気になるじゃないすか(´∀`*) ←



ってことで
末路が気になる人たちを

著者さんが専門家にインタビューして
本書用に編集した1冊です。



笑える内容なのかなと思いきや
意外と中身はシリアスだったりして

考えさせられるものも多かったです。



そんな「23項目の気になる末路」
個人的に気になってたのを軽く紹介しますね。




宝くじで1億円当たった人の末路





これは当たった人にしか解りませんし

聞こうにも
宝くじで1億当てた人には
そうそう出会えるものでもないので

気になっておりました。



1億当たったら、どうなるんだろう?



答えは

一家離散、貧困化、人生の目的喪失…
ろくなことにはならない

だそうです。わやですね。 ←



①生活水準を上げる

②それに伴った幸福感は得られない

③あっさり全額浪費

④上げた生活水準を戻しづらくなり、破滅。



以上のパターンです
これはなんとなく想像ついてたりしますね。



人間は欲に弱いことを知っておけ!ってことですね。




キラキラネームの人の末路





これも気になる。



まあ、その名前を付けたのは親だけどさ
DQNネームの人に出会うと

思わず
大丈夫?と聞いてしまいそうになりますよね。

聞かないけどさ。



あらゆるところで不便が起こりそうな予想が立てれますが
案の定、ろくな目に遭わないようです。



普通に考えて

まず、いじめの対象になりそうだなとは
簡単に想像つきますよね。

それに加えて
就職にも圧倒的に不利になる場合が多いそうです。



本書から引用しながら説明すると



キラキラネームを付けたがるのは
「自分は個性的ではない」と
無力感を抱えて生きてきた普通の人。

せめて子供は個性的にとの願いをこめても
自分が個性的に育ってきていないので
ノウハウが持ち込めません。

結果
名前だけが奇抜な
「周りを過剰に気にする没個性的な人格」
に育ってしまうんです。



これが、企業の採用基準である
没個性的な人材を見抜くマーカーとなって

真っ先に除外されてしまう、ということです。



これからの未来は

こーゆー名前の大人が増えて
彼らがビジネスの主力となってくるでしょうし
時代がどう転ぶかは解りませんが



今のところ、デメリットしかないですね(´・ω・`)




癖で首をポキポキ鳴らし続けた人の末路





首じゃないけど、やっちゃいますね
指とか足とか腰とか肩とか

関節を鳴らす癖がある人って
結構いるんじゃないかな。



あんまり体によろしくないような話は
ちらっと耳にすることもありますが

専門家に聞いてみたところ



やっぱり
体によろしくないみたいです\(^o^)/



ポキポキ鳴らして
一瞬、体が楽になったように感じるのは

音による心理的作用なだけで
実際に楽になってるわけではないそうです。



首ポキなんか特に
パイルドライバーほどの衝撃が椎骨にあったり
血管の内部が出血して動脈硬化が起こったりして

まさに百害あって一利なしです
今すぐやめましょう。



肩こりなどの症状は
姿勢を直すのが手っ取り早いみたいですよ。




ということで





他にも

「子供を作らなかった人の末路」
「グロい漫画が好きな人の末路」など

確かにちょっと気になるわ~感が
満載の内容となっております。



結論から考察、対策まで
ボリューミーで勉強になる1冊となっております。



おもしろいので
話のネタにも、ぜひ。








アマゾンきんどる版しかないけどね☆(ゝω・)vキャピ





0 件のコメント:

コメントを投稿