明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

好きなことを創造する by 「好きなことだけやって生きていく」という提案【書評】

投稿日:2017年7月30日 更新日:

 

「好きなことを創り出す」という視線も大切です。

 

「好きなことだけやって生きていく」という提案

社会の仕組みなのか、日本の教育のせいなのか
大人になると「好きなこと」というのが解らなくなります。

結婚して、家庭を持ってるとなおさらで「好きなこと」どころではなくなってしまうのが現状です。

しかし、これからは
嫌でも「自分の好きなこと」を仕事にしないとやっていけなくなる時代になるので

「好きなことが思い当たらないなら、創っちゃえyo!(σ・∀・)σ」という視点に集中した1冊です。

 

それには、「どうせ金も時間もないし」とか思ってスルーせずに

興味が湧いたものから、ググるなり専門書を読んでみるなりしてとにかく触れてみることが大事ですよね。

私も、マジックを初めて見た小学生の頃に「あんな魔法を使って人を驚かせてみたい!」という衝動があって

自分で調べたり、実際にプロのマジシャンに会いに行ったりして「好きなこと」の1つを創りあげました。

 

別に手先が不器用だからとか、時間や金がないからとか関係ないんです。

「やってみたい!」という衝動があれば、マジックなんて誰でも出来るんですよ。

 

全て「自分のこと」化する

「ものごとに興味を持つ」とは、自分と関係があると思うことです。

「あんなマジシャンみたいにマジックやってみたい!」と、自分のことと思わなければ私もマジックなんてやってなかったと思いますね。

 

ブログにしてもそうですが

とあるブロガーの記事が凄くおもしろくて「私も誰かを笑わせられるブログを書いてみたい!」と思ったのがブログを始めたきっかけです。

 

その衝動があれば「どうやったら楽しんでもらえるか」という基本的なところから自然と勉強を始めるので「好きなこと」が創りあげられていくわけですね。

 

明治維新以上の変革が訪れる時代

インターネットが生み出したものは、鎖国を解いて日本全体が変革した時代よりも膨大な変革を起こしております。

単純に、現代は「人がやりたくない仕事」からロボット化していき情報を簡単に流通させるインターネットがある状態なので

「ロボットに出来ない仕事」というのが必然的に「人間の好きなこと」の情報発信に絞られるのです。

 

これからを担う世代

私と同年代から、若い世代の人は読んだ方がいいと思います。

「好きなこともなく、家族のために仕事だけをするロボット」みたいな生活をしてると、悲惨なことになりますよ。

 

 

 

 

経験談ですが

「好きなことを創る」には結構な時間がかかるので

「好きなことを仕事にする」方法は早めに考えておいた方がいいですよ。

 

「その時が来てから」では、遅いのです。

とても参考になりました。おすすめ!(´∀`*)

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

「逃げる」とは、「戦う」こと by 『逃げる力』【書評】

  三十六計、逃げるにしかず。   Follow me!

no image

【書評】「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術

速読に役立った本です。 8年くらい前に出たやつですけど、おすすめ! マンガや小説、ビジネス本やら専門書までありとあらゆる膨大な量の本が今も生産されており 一生のうちに全て読み切るなんて事は不可能です。 …

価値のない仕事をするな 『生産性』【書評】

  仕事は「やればいい」ってものじゃないのです。   Follow me!

これぞ「交渉」の神髄! 『キッシンジャー 超交渉術』【書評】

  名言のオンパレードですね!   Follow me!

世界中に「アホ」はいる 『職場のアホと戦わない技術』【ビジネス】

  天下のスタンフォード大学教授が編みだした、アホの撃退法。   Follow me!