さくっと「ビジネス書」 無駄に考察する

古典をとにかく読み漁るおじさん

投稿日:

「人による」ところが面白いんです。

古典

旧漢字ばっかで書かれた古典の原文を見ても
私が理解できる範疇ではないので

現代版に訳されたやつを読み漁ってますが
「著者によって解釈が違う」のも面白い点ですよね。

「孫子の兵法」はまさにそうで

根本的な部分に
「戦わずして勝つこと」が前提とされてますが

その他の戦略における原文は
「これにはこれ!」という言及を
あえて避けた文で書かれてるので

人によって色んな解釈が出来てしまうのです。

結局、
「水のような無形でありなさい」
どの本でも真理とされてるのは

状況は常に変わってるので
「常にこうするべきだ」とは言い切れませんよ

というのが古典だったりするんですね。

そのあやふやな部分は、
訳した著者さんの経験や解釈がモノを言う世界なので

いろんな角度から研究されてて、面白いんです。

様々なパターンと照らし合わせて読むことで
初めて生きるのが「古典」だと思ってます。

ビジネスも、人間関係も
「水の流れを作る作業」が一番大事なんでしょうね。きっと。

今のところ、
これが一番読みやすくて面白かったので

「古典とか難しそう」と
なかなか手を出せなかった方におすすめの1冊です。

まだまだ読み漁って、実践しまくるよ!(´∀`*)

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, 無駄に考察する

執筆者: