さくっと「ビジネス書」

心の上に刃を置いて「忍」 by 忍者はすごかった【書評】

投稿日:2017年8月15日 更新日:

忍者の兵法集です。

 

 

忍者はすごかった

黒装束で素早く動き、

手裏剣で敵を撃退する…

 

忍者に対するそんなイメージは、

すべてフィクションだった!

 

「忍者」という呼び名自体が

昭和三十年代に小説などを通じて定着したもので、

歴史的には「忍び」と呼ばれた。




最も大事な使命は、

敵方の情報を主君に伝えるため必ず生きて帰ること。

 

敵城に忍び込んで情報を得ることはもちろん、

日中は僧侶や旅人に化けて話を聞き出していた。

 

「酒、淫乱、博打で敵を利用せよ」「人の心の縛り方」など

 

忍術書の八十一の教えから、

忍者の本当の姿を克明に浮かび上がらせる。

 

by Amazon

漫画や映画などの影響で

どうしても
「特殊戦術部隊」という印象が強い忍者ですが

実は、
生きて情報を持って帰らなければならないため
「生き抜くことに重点を置いた」兵法が、忍術だったのです

まあ、スパイの心得ですわな。

当時はケータイでメール出来ないですからねえ。 ←

敵陣にとっ捕まったら
それこそエライ目に遭わされますので

「生きて情報を本陣に持って行く」ところや
「捕まったときの忍の心得」などは

読んでてゾッとするほどの覚悟があります。

戦術や情報が命がけだった時代に記された書物は
現代でも充分に通じるところがあるので

読んでみてはいかがでしょう。

あらゆる忍術書から抜粋された
日本を代表するエージェントたちの心得集でございます。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

【書評】あなたはこうして騙される…!―『あえてあやしい「儲け話」をやってみた』

  フフッってなった。 ←   Follow me!

【書評】スティーブ・ジョブズには出来なかったこと 『ティム・クック―アップルをさらなる高みへと押し上げた天才』

  ビジネスマンだ。   Follow me!

no image

生きるのが嫌!って人におすすめしたい2冊の本

心を楽にすればおk!     生き方は1つじゃない! 私の経験上 心を苦しくするのは 「常識」とかゆーわけわかめな言葉に始まる 固定観念です。 親や教師に習ったことなんて ほんとク …

「汚れ」をデトックスせよ! 『できる男は超少食』【書評】

  びば・ハングリー精神。   Follow me!

【書評】人の行動の裏にある「本当の目的」とは…? 『人が自分をだます理由』【心理学】

  これはおもしろい!   Follow me!

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。