読書感想文

教養としての「世界史」の読み方【書評】

投稿日:

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」

教養としての「世界史」の読み方

「歴史は繰り返される」
という言葉は昔からよく聞いてましたが

いまいち実感がなく、
「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんでしたが

ガチでした(((((((( ;゚Д゚))))))))アワワ ←

世界各国の歴史から見ると
現代も同じようなことしてるんですよね。

「だったら、歴史から学べばいいんじゃないの?」
という観点で解りやすく勉強できる1冊です。

ローマ帝国と日本の共通点から
世界で同じことが同時に起こる事例

ゲルマン民族とシリア難民に見る民族大移動
宗教と戦争、西洋と東洋の政治などなど

過去と現在の問題や出来事を
「世界史」で比較しながら

教養を身に付けていこうぜ!って本ですね。

まあ、確かに

日本のような島国からしてみれば
大陸の歴史はよく理解できないものが多いですからねえ

勉強になりました。

「なるほどー」が連発して
誰かに話したくなる内容になっておりますが

この内容をドヤると
たいていうっとおしがられるので

「教養」の範囲に留めておきましょうね!(´∀`*)

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書感想文

執筆者:

関連記事

今後勃興するテクノロジーとの親和性を考えていかないと、日本を再興することはできません by 『日本再興戦略』【書評】

  まさにその通りですね!   Follow me!

no image

文学男子の読書感想文

本の世界は良いですよ。まだまだ読み足りません。 オズの魔法使い。 名前は知ってましたがいまいち内容を知らなかったので読んでみました。 桃太郎の豪華バージョンとでも言いましょうか仲間と共に旅をしながら成 …

no image

本はファッションだっ!

「眼鏡」みたいなもんです。 花見に連休に出会いの季節ですし、使い方はいろいろ。 読書家ならではのファッション もうこれはね持ってるだけでいいような気がしてくる。 コンパや飲み会とかに持ってくのはどうか …

no image

となりの億万長者【書評】

  お金持ちになりたい人へ。     となりの億万長者 億万長者とは、実際どんな人々なのか?─ アメリカ富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士とダンコ博士は、1万人以上 …

時給を上げる方法 by 『時給思考』【書評】

  己の価値を高めろ!     Follow me!