自己紹介

2017年8月29日火曜日

村上世彰 生涯投資家【書評】





知られざる、名投資家の姿。









生涯投資家





「お金儲けは悪いことですか?」

2006年6月、
ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、
のちに執行猶予つき有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。

本書は、その村上氏の最初にして最後の著書であり、
半生記であり、投資理念の解説書でもある。


灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、
いったい何を試みたのか。


ニッポン放送、阪神鉄道、東京スタイルなどへの投資において、
いったい何があったのか。


その投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方はどうなのか。
そして今後何をしようとしているのか。

村上ファンドを率いて日本に旋風を巻き起こした著者が、
その実像と思いを自ら書き上げた話題作。

by Amazon




マスコミの悪意に満ちた報道もあって
あまり良いイメージを持ってない人が多いと思いますが

基本的に、投資家は良い人です。



伝説の投資家
村上ファンド・村上世彰さんの自伝本です。



いや~
投資家とはこうあって欲しいですね!(´∀`*)

刺激になりました。



私も、最近はお金の勉強をしつつ
株式投資などで資産を増やしてますが

なにも、贅沢をするためじゃないんです。



ただ、
やりたいことがあるけど資金が足りない人に投資で応援したい

ってだけなんです。



世のため人のために
一生懸命になっていろいろやってる人達
ぜひとも協力したいんですよ

そのために、投資で資金を集めて
さらに他の事業へ投資してるんです。



本書を読めば解ると思います
「投資家」とは、どーゆー人間がなるのか

贅沢に浪費するだけの人とは違うんですよ。









読み応えのある自伝でした。おすすめ!(´∀`*)





0 件のコメント:

コメントを投稿