自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2017年8月15日火曜日

心の上に刃を置いて「忍」 by 忍者はすごかった【書評】





忍者の兵法集です。









忍者はすごかった





黒装束で素早く動き、
手裏剣で敵を撃退する…


忍者に対するそんなイメージは、
すべてフィクションだった!


「忍者」という呼び名自体が
昭和三十年代に小説などを通じて定着したもので、
歴史的には「忍び」と呼ばれた。




最も大事な使命は、
敵方の情報を主君に伝えるため必ず生きて帰ること。


敵城に忍び込んで情報を得ることはもちろん、
日中は僧侶や旅人に化けて話を聞き出していた。


「酒、淫乱、博打で敵を利用せよ」「人の心の縛り方」など


忍術書の八十一の教えから、
忍者の本当の姿を克明に浮かび上がらせる。

by Amazon




漫画や映画などの影響で

どうしても
「特殊戦術部隊」という印象が強い忍者ですが

実は、
生きて情報を持って帰らなければならないため
「生き抜くことに重点を置いた」兵法が、忍術だったのです

まあ、スパイの心得ですわな。



当時はケータイでメール出来ないですからねえ。 ←



敵陣にとっ捕まったら
それこそエライ目に遭わされますので

「生きて情報を本陣に持って行く」ところや
「捕まったときの忍の心得」などは

読んでてゾッとするほどの覚悟があります。



戦術や情報が命がけだった時代に記された書物は
現代でも充分に通じるところがあるので

読んでみてはいかがでしょう。



あらゆる忍術書から抜粋された
日本を代表するエージェントたちの心得集でございます。










0 件のコメント:

コメントを投稿