さくっと「ビジネス書」

君主論【書評】

投稿日:2017年9月13日 更新日:

 

2pacの命日ということで。

君主論

500年間、古今東西のリーダーたちに読み継がれてきた権謀術数の書。

その内容は、確かに悪徳な部分もありますが、人間の本質を突いていて、読み応えがあります。

声に出して読んだら人格を疑われますが、人を治める者ならば、胸のうちに秘めておいて、適宜活用したいもの。

きれいごとだけで政治は行えない。 そのことを痛感させてくれる内容です。

目的を達するために、君主は時に非情に徹しなければならない。

非情になる覚悟を決めるために、 またリーダーとしての処世の術を学ぶために、ぜひ読んでおきたい一冊です。

by Amazon

2pacが獄中で読んで感銘を受けたやつです。

 

思いっきりド不良な生活をしてたあげく、捕まって刑務所に行った矢先にこんな黒いリーダー論を読んでしまったため、結果的にサグライフが加速したと思われます。(でら幸太調べ

2Pacも「一度は改心した」のがポイントで、悪にも善にもなるのが、この「君主論」です。

 

「リーダーとは?」というところにかなり鋭い視点で切り込んでるので、非常に冷酷な言い回しもありますが君主たるもの、致し方なしということにしちゃってます。

確かに、人の上に立つとはこーゆーことなのかも知れないですね。

 

全体を通してみると非常に合理的だと思いますが、使い方を間違えるとエライ事になりそうなのでこの類の本は研究を重ねるのがベストでしょうね

色んな人が訳したやつをちょこちょこ読んで行こうと思います。

 

2Pac – Changes ft. Talent

今夜は2Pacの一番好きな曲でも聞きながらマキャベリズムに浸ろうと思います。

2Pacが獄中でマキャベリズムに目覚めたように私たちも、変わっていかなければいけないですね。

 

 

刺激的です。ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

繁栄 -明日を切り拓くための人類10万年史-【書評】

Facebook CEOマーク・ザッカーバーグもおすすめする1冊です。 繁栄 人口爆発、環境汚染、貧困拡大、温暖化…… われわれ人類の行く末について、悲観的な予言を目にしない日はない。 だが実のところ …

no image

結果を引き出す 大人のほめ言葉【書評】

ほっこりする1冊です(´∀`*) 大人のほめ言葉 「ほめる」とは、人・モノ・出来事の「価値を発見して伝える」ことです。 ほめるところがないように見える部下だとしても、 ・契約は全然取れないけれど、誰よ …

時間に「退屈」をさせられる by 『暇と退屈の倫理学』【書評】

  人間は「自由」という名の刑に処されている。ってやつですね。   Follow me!

no image

「今」に全力を尽くすことが未来をつくる by ガンプラ開発者が語るニュータイプ仕事術【書評】

全国のガンダムファンを魅了し続ける方が記した 納得のビジネス書です。 ガンプラ開発者が語るニュータイプ仕事術 私は特にガンダムの大ファンです!ってわけでもなく むしろ全く知らないレベルなのですが ガン …

no image

汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師【書評】

インテリジェンス畸人伝。 汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 パナマ文書、ウィキリークス、 トランプ大統領を誕生させたのは、 スパイのインテリジェンス力だ!  プーチン、習近平はじめ、 …