さくっと「ビジネス書」

結果を引き出す 大人のほめ言葉【書評】

投稿日:

ほっこりする1冊です(´∀`*)

大人のほめ言葉

「ほめる」とは、人・モノ・出来事の「価値を発見して伝える」ことです。

ほめるところがないように見える部下だとしても、

・契約は全然取れないけれど、誰より数多くアポイントの電話をかけている

・いつも書類にミスが多いけれど、朝会うと最高の笑顔であいさつをしてくれる

など、いいところが見つかるはずです。


「価値を発見して伝える」のに必要なのは、「観察力」と「変換力」、「伝える力」です。

1 「ほめるところを探す」と意識して観察し

2 短所を長所に変換して捉え

3 それを伝える

こと。


難しく感じるでしょうか?

本書でご紹介する、合計240の「ほめ言葉」とほめるコツ・ポイントを読めば

自然と「観察力」「変換力」が身について、

目の前の人の価値を発見することができるようになります。

ぜひ、今日から使ってみてください。


結果が出てから「ほめる」のではなく

「ほめる」から、結果が出る! 

by Amazon

とにかく、
ほめてほめてほめまくる内容となっております。

仕事、家庭など
あらゆるシチュエーションで
あらゆる褒め方が学べます。

しかし、これは
著者さんの引き出しの多さに感銘を受けますね

よくこんなに思いつくよな~。

また
すげえ褒めてくれそうな顔してるし。 ←

いい笑顔です。

しかも肩書が
一般社団法人 日本ほめる達人協会理事長て。

読んでるとなぜか
自分がほめられてる気分になって
ほっこりしてしまいました。

人生を楽しく生きるには、

仕事でも、家庭でも
「雰囲気作り」が最重要でございます。

ほめてほめてほめまくって
いい雰囲気を作っていこうじゃまいか(´∀`*)

私も「ほめる達人」を目指します。良著!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

世界のエリートは10冊しか本を読まない【書評】

これは合理的ですね。 世界のエリートは10冊しか本を読まない 世界最高峰のハーバードで学んだ、 桁外れな結果を出す読書術!  もう、「速読」も「多読」もいらない!  サンリオ、LI …

【書評】知的戦闘力を高める 『独学の技法』

  勉強になりました。   独学の技法   著者は、哲学科→美術史修士→電通→BCG→ヘイグループという異色のキャリアを歩み、MBAを取らずに独学で外資系コンサルタントと …

もし私たちが他の惑星に移住するなら、ニワトリを同行させるだろう by 『ニワトリ』【書評】

  思ってたより、すげえ鳥だった。   Follow me!

【書評】GAFAやBATが突出できたのは―? 『ブリッツスケーリング』

  刺激的ですねえ。   Follow me!

こんな生き方もあるのです 『サラリーマン2.0』週末だけで世界一周【書評】

  ネオ・リーマンです。   Follow me!