さくっと「ビジネス書」

目の前にいるイヤな上司の取り扱い説明書【書評】

投稿日:2017年10月22日 更新日:

 

笑ってしまった。良著です。

 

目の前にいるイヤな上司の取り扱い説明書

「今の上司とはそりが合わない」

「上司のせいで成果が上がらない」

「上司と顔を合わせるのがイヤ」

「目の前の上司をなんとかしたい」など、毎日会社でこんなことを思っていませんか? 

本書は、批判的で威圧的な上司に苦しむ方向けに、7つのステップで職場を居心地良くする、痛快な対処法を解説します。

上司と自分の人間関係を見つめ直し、その力学を変えていくことで、あなたが感じているストレスはウソのようになくなります!

by Amazon

私のような建築現場で働く職人さんはほとんどが感じてることだと思いますが、現場監督とかゼネコンのお偉いさんはだいたいウザイです。 ←

 

それならまだ納品さえすればウザイやつと付き合うこともなくなりますが(0ではないけど)

これが、これからも付き合っていかなくてはいけない人間となるとまあ、わやです。(名古屋弁

悪気はないんだろうけどうっとうしい言い方してくるやつとか居るんですよね~職人の世界に限った話ではないですけども。

 

こっちから言わせれば、ビジネス上、仕方なく相手してやってるだけなので ←

いちいちストレスを感じてたら私生活に影響が出て、損しかしません。

そんな状況を打破するにはじゃあ、そいつらをなんとかしようぜ!ってことですね。

 

この本はよく研究されてておもしろいですねえ
逆に、目上の人間がちょっとかわいそうになるレベルです

さっきまで怒り狂ってましたがスッキリしてしまいました。

解りやすくて、さらっと読める良著です。おすすめ!(´∀`*)

 

 

イヤな上司に悩んでる方は、ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

生き物は本当に「アルゴリズム」にすぎないのか? 『ホモ・デウス』【書評】

  思わず深いため息が出ますね。   Follow me!

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」 教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんで …

別に私は嫌いでも好きでもないけど気になって仕方ない『朝日ぎらい』

  ざっくり感想文。   Follow me!

そんなこと考えたって仕方ないよ by 『ひねくれ古典「列子」を読む』【古典】

  ひねくれてますなあ。   Follow me!

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた【書評】

  『われわれのフライングスタートで最も重要な部分は「知識」だ』 by ジョン・ウィンダム   Follow me!