さくっと「ビジネス書」

幻の黒船カレーを追え【書評】

投稿日:2017年10月10日 更新日:

壮大な、冒険記。 ←

 

 

幻の黒船カレーを追え

 

カレーライスのルーツを探りにヨーロッパへ 

 

幕末に日本に上陸したといわれるカレー。

 

それは一体どこから来たのか、

そしてその味はどんなものだったのか?

 

40冊以上のレシピ本を上梓し、

カレー研究家として絶大な人気を誇る著者。

 

その著者が、

長年に渡って疑問に抱いていたカレーライスのルーツを追跡する旅に出た。

 

黒船が寄港した横須賀、舞鶴、函館、呉、長崎の港町へ。

そして、海を渡りイギリス・ロンドン、フランス、ドイツ、アイルランド……。

 

国内外を4年間かけて徹底取材。

150年前に日本に上陸したカレーのルーツは果たしてどこに?

 

取材を続けるうちに、

妻と3人の子供を抱えた著者の人生も激変……。

 

前代未聞の熱くて笑えるエンタメノンフィクション!

 

by Amazon

女の子をカレー屋に連れてけば
ドヤ顔で豆知識を炸裂させられる1冊。 ←

すご~い(´∀`*)って言わせてやるがいい!えっちなやつらめ!

確かに、日本カレーのルーツは気になりますね。大好物ですし。

今はあちこちにインド料理屋さんも出来てるので、
日本でも本場のカレーを楽しむことも出来ますが

やっぱり、
食べ慣れたカレーとはちょっと違いますよね。

日本のレストランで出されるカレーは
スパイスの調合うんぬんと言うよりかは、

たまねぎを飴色まで炒めたり、
何日も冷蔵庫で寝かせたり

手間暇かけたものが多いです。

なぜ、このような文化が生まれたのか? 
イギリスから渡ってきた「黒船カレー」とは一体!?

ってゆー
カレーライスの謎を追う、ノンフィクションです。

著者さんが本気すぎて面白いです。 ←

カレーが好きな方は、ぜひ。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

【書評】スティーブ・ジョブズには出来なかったこと 『ティム・クック―アップルをさらなる高みへと押し上げた天才』

  ビジネスマンだ。   Follow me!

不眠はまさに「百害あって一利なし」です 『睡眠こそ最強の解決策である』【書評】

  死にたくないので。 ←   Follow me!

シリコンバレー式 最速で結果を出す仕事術【書評】

  愛すべき、すべてのビジネスマンへ。   Follow me!

投資家必読のベストセラー! 『賢明なる投資家』【書評】

  ずっと読みたかったやーつ。   Follow me!

no image

「ぼくだって」が夢を生む by 「のび太」という生き方【書評】

みんなもっと のび太くんの凄さに気付くべき。 ←     「のび太」という生き方 私も以前に 似たようなことを記事にしましたが いろいろ世の中のことを勉強してると のび太君の凄さに …