明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

幻の黒船カレーを追え【書評】

投稿日:

壮大な、冒険記。 ←

幻の黒船カレーを追え

カレーライスのルーツを探りにヨーロッパへ 


幕末に日本に上陸したといわれるカレー。


それは一体どこから来たのか、

そしてその味はどんなものだったのか?


40冊以上のレシピ本を上梓し、

カレー研究家として絶大な人気を誇る著者。


その著者が、

長年に渡って疑問に抱いていたカレーライスのルーツを追跡する旅に出た。


黒船が寄港した横須賀、舞鶴、函館、呉、長崎の港町へ。

そして、海を渡りイギリス・ロンドン、フランス、ドイツ、アイルランド……。


国内外を4年間かけて徹底取材。

150年前に日本に上陸したカレーのルーツは果たしてどこに?


取材を続けるうちに、

妻と3人の子供を抱えた著者の人生も激変……。


前代未聞の熱くて笑えるエンタメノンフィクション!

by Amazon

女の子をカレー屋に連れてけば
ドヤ顔で豆知識を炸裂させられる1冊。 ←

すご~い(´∀`*)って言わせてやるがいい!えっちなやつらめ!

確かに、日本カレーのルーツは気になりますね。大好物ですし。

今はあちこちにインド料理屋さんも出来てるので、
日本でも本場のカレーを楽しむことも出来ますが

やっぱり、
食べ慣れたカレーとはちょっと違いますよね。

日本のレストランで出されるカレーは
スパイスの調合うんぬんと言うよりかは、

たまねぎを飴色まで炒めたり、
何日も冷蔵庫で寝かせたり

手間暇かけたものが多いです。

なぜ、このような文化が生まれたのか? 
イギリスから渡ってきた「黒船カレー」とは一体!?

ってゆー
カレーライスの謎を追う、ノンフィクションです。

著者さんが本気すぎて面白いです。 ←

カレーが好きな方は、ぜひ。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

D・カーネギーのクラシック名著 『道は開ける』【人生論】

  人生の究極は「悩まない」ですね。   Follow me!

水面下で起こってるアナログ革命の全て 『アナログの逆襲』【書評】

  アナログが来る予感。   Follow me!

クライアントと恋に落ちる by マネー・コネクション【書評】

ビジネスを活性化させるには? マネー・コネクション 10,000社以上の経営者を成功に導いた原理原則とは何か? マネー・コネクションは、 あらゆる実践がひとつのものに組み合わさったときに発生します。 …

no image

【書評】0から1を創造する力

聞きしに勝る猛将ぶりでした。 0から1を創造する力 ゲームメーカー「コーエーテクモ」の社長でありプロデューサーでクリエイターでもある 「シブサワ・コウ」こと襟川陽一さんのアイデア術です。 私はモロに「 …

no image

100年働く仕事の哲学【書評】

本当の地獄は、60歳から始まりますよお~ヘ(゚д゚ヘ))))))~ 100年働く仕事の哲学 キャリア人生の前提は変わってしまった。 現在の年齢が何歳であるかは関係なく、 誰もが、退職なき100年人生の …