さくっと「ビジネス書」

ピクテ式 投資セオリー【書評】

投稿日:2017年10月8日 更新日:

 

自身のポートフォリオの1つに、どうぞ。

 

ピクテ式 投資セオリー

 

世界恐慌、オイル・ショック、リーマン・ショック……

あらゆる危機的状況の中で、資産価値を守り続けてきた資産運用会社の超名門・ピクテ。

211年の歴史が培った「ピクテ式投資セオリー」を初公開! 

インフレ経済に転換しつつある今、預貯金では資産を守れない――

「投資マインドが低い」「元本保証の預貯金で資産価値を守る」傾向にあった日本人も、今こそ投資によって賢く資産を運用しなければなりません。

本書では、あらゆるリスクを最小限に押さえ、着実にリターンを積む「ピクテ式投資セオリー」と具体的なノウハウを、余すことなく紹介しています。

by Amazon

金融サービスの本場、
スイスに本拠地を置く「ピクテ」の資産運用哲学書です。

 

普通、リスクを分散させる基準とするのは、
バランス、株式、債券、国内、国外、不動産、金など
商品の種類銘柄で決めたりするのですが

ここからさらに、

 

  • 「欲張らない投資」
  • 「ちょっと欲張った投資」
  • 「育てる投資」
  • 「スパイス的な投資」

の4つの観点から詳しく解説していき、
自分に合ったポートフォリオを組むという

1つレベルアップした思考が持てる1冊です。

この観点、私にはなかったですねえ(´・ω・`)

単純に、

「ピクテ」さんの投信信託に
リスクを分散させるのもアリだな~って感じですかね。

おかんの毎月1万円の
5千円分くらい積み立ててみようかなと思います。

参考にしてみては、いかがでしょう。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」     教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」 という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、 「そうなん …

no image

古典をとにかく読み漁るおじさん

「人による」ところが面白いんです。     古典 旧漢字ばっかで書かれた古典の原文を見ても 私が理解できる範疇ではないので 現代版に訳されたやつを読み漁ってますが 「著者によって解 …

「ニューパワー」とはなにか? 『NEW POWER』【書評】

  「カレンシー」と「カレント」の違いです。   Follow me!

『最高の脳で働く方法』【書評】

  勉強になりやす。   Follow me!

【書評】人生が変わるむちゃくちゃおすすめの1冊! 『投資家みたいに生きろ』

  ほんとこれ。   Follow me!

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。