自己紹介

2017年10月1日日曜日

日本精神史 上・下【書評】





壮大な、歴史の旅へ。









日本精神史





「あえて定義づければ、人間が自然とともに生き、
社会のなかに生きていく、その生きる力と生きるすがたが精神だ」。

テキストとして残された思想はもとより、
土器や銅鐸、仏像、建築、絵巻、庭園など、
あらゆる文化を渉猟し、縄文時代から江戸時代の終わりまでを、
一望のもとに描く、まさに畢生の大作です。

ただし、著者は、難解であることを潔しとしません。


ヘーゲルのわかりやすい翻訳で脚光をあびたように、
あくまでも流麗な文体で、明解に描いていきます。

思想も絵画も仏像も、ひとしく日本の精神の歴史としてとらえ、
あらためて、日本とはなにかを問いかける清新な傑作と言えます。

by Amazon




縄文時代の遺跡から江戸時代の文学まで

日本人の精神の在り方を、
遺された芸術品などを通して振り返っていくという

めっさボリューミーな作品です。



時代が変わるたびに、芸術の作風も変わりますし
新しい異国の風が吹けば、精神も変わって行くのですが

日本人としてのイデオロギーは
やはり、遺された歴史の真にあるなあと思いました。



  • 政治の基盤となった仏教や儒教、
  • エンターテイメントである絵画絵巻に演劇
  • 貴族の恋を歌った和歌や俳句などなど


全三十五章に渡り
歴史に沿って解説されております。



日本の芸術や思想などに
昔から興味はあったのですが

単純に
秋の夜長に分厚い本を読んで
思考に浸りたかったんです(´・ω・`)



おもしろいです
歴史の旅に出たい方は、ぜひ。








みんなの大好きな



春画(当時のえっちな絵)の話もあるよ!(´∀`*)





0 件のコメント:

コメントを投稿