マジか。なんという・・・

Just another WordPress site

未分類

おすすめの『カードマジック』教本3冊!

投稿日:2017年11月27日 更新日:

たまには、マジックのことをば。

カードマジック

世界中に色んなマジシャンがいますが、
たいていのマジシャンはカードマジックが出来ます。

カードマジック出来ないけど、イリュージョンは出来る
ってマジシャンは聞いたことありません。

なぜなら、
結構簡単だからです。

もちろん、すりかえの技法だったり
隠したり消したりするテクニックは難しいですが

使わなくても出来るマジックはいっぱいあるんですよ。

忘年会やクリスマスで披露して注目されたい!(´∀`*)

なんてえっちなあなたに
おすすめのマジシャン教本を紹介します。

初級・『東大式トランプマジック』

これが一番わかりやすくて簡単ですね
手順さえ踏めばテクニックも必要ないものばかりです

この本に載ってるマジックのほとんどは
数十分練習すれば出来るようになると思いますよ。

ただ、やはりインパクトには欠けます
見せ方次第ですけども。

私も今でも
この本に載ってるマジックをやったりするし、

「何か1つマジック教えて!」って方に
ここに載ってるマジックをアレンジしたのを教えたりもします。

「説明がわかりやすい」ってのがアドバンテージですね
カードマジック入門としてはベストだと思います。

中級・『ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ』

ちょっと慣れてきたから
次のステップに行きたい!って方におすすめなのがこれ。

ロベルト・ジョビー先生のカードマジック講座です。

Roberto Giobbi – Further Than Ever

これは、カードマジックのテクニックもさることながら

「いかにエレガントに見せるか」
「いかに美しく立ち振る舞うか」など

基本のカードさばきから勉強になる本です。

ただ、マジックを見せるだけじゃなく
マジックを通じて人の心をいかに揺らすか
ってところですかね。

カードを1枚選んでもらうのにも、

美しくカードが広げれなければ
人の心に残るエンターテイメントは出来ません。

「基本動作」は
「技」と「技」の間を繋ぐ大事な項目です

本気で人の心を揺らしたいなら
立ち振る舞いや基本動作をおろそかにしてはいけませんよ。

上級・『カード・マジック事典』

今、テレビや海外のショーなどで活躍するマジシャンも
「これで勉強した」と思われる1冊

クロースアップマジックの先駆者たちが編み出した技法をベースに
ありとあらゆるマジックを学べます

ぶっちゃけこれ1冊だけでもいいぐらい。

ただ、なぜこれが上級かというと
説明がわざとわかりにくく書いてあるんです。

ストレス溜まるどころか、
初心者なら怒り狂って投げ出す勢いですね。

「どうやって不思議な現象を起こしてるのか」
という部分がマジシャンの商売道具なので

素人が見たところで
簡単に理解できないように書いてあるんだと思います

誰でもポンポン理解できたら商売あがったりですからねえ。

本気で覚えて披露したい!という気持ちがあって
頑張れば理解できるレベルなので

上級に選ばさせていただきました。

私もそうですが、
この本に書かれてるテクニックは
絶対に他言しません(´∀`*)

苦労して覚えたテクニックは
簡単に人には教えたくないものです

苦労して理解して、出来るようになりましょう。 ←

まあ、
最初から仕掛けのある道具を買えばいいっちゃいいんですけどね。 ←

私も仕掛けを仕込む時もありますが、
いつでもどこでも仕込んでるわけでもないですし

何よりスライハンド(手先の技術だけで行うマジック)は
覚えるとずっと使えるし、めちゃくちゃ楽しいので

この機会にマジックに触れてみてはいかがでしょう。

私も
1日1~2時間はマジックの練習してます

数分でもいいので、
毎日やることが大事ですね。

ちょっとした空き時間にも出来るので、おすすめですよ(´∀`*)

カードはもちろんバイシクル!

忘年会のヒーローになっちゃって下さい。

いい夜を。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

WordPress移行テスト記事

  ここ2日ほど悪戦苦闘しておりますが 猛勉強の甲斐もあり、だいぶわかってきました。   頑張ってカスタマイズしていきます。   取得したドメインのまま引っ越しって難しい …