さくっと「ビジネス書」

カテゴリーキング【書評】

投稿日:2017年11月20日 更新日:

 

巨大なマーケットを牛耳る者の正体とはー!?

 

カテゴリーキング

多くのスタートアップ企業が淘汰され消えていく中で、画期的なイノベーションを実現して大成功を収める会社の違いは何?

エルヴィス・プレスリーは単なるキングではなく、“カテゴリーキング”なのは、なぜ?

彼らはみな、製品やサービスの新たなカテゴリーを創造し、発展させ、そして支配し続けてきたのだ。

シリコンバレーのコンサルタント会社「プレイ・ビガー」の3人は、起業家、企業幹部、アドバイザーなどとして活躍してきたなかで、様々な成功と失敗を経験し、多くの企業のトップにインタビューをして「カテゴリー」というコンセプトに行き着いた。

よい製品やサービスを作り出すだけではなく、「新しいカテゴリーを打ち立てる」とは何なのか。

by Amazon

ビジネスに燃えて来る本です。

 

誰も見た事ないようなカテゴリーとはベター(改良品)ではなく、ディファレント(別のもの)なんです。

そのカテゴリーを支配できれば二番煎じでは追いつけない理屈があるんですね。

 

なぜ、GoogleやAmazonがカテゴリーの頂点にいるのか―

こーゆービジネスを徹底的に研究した戦略本は本当に刺激になりますね。啓発や新しい発見もあっておもしろいです。

 

CEOにももちろん、私と同じく、「自分メディア」を作る人にもおすすめですね。

「ブルーオーシャン戦略」というものがさらに深く理解できました。

ビジネスに燃えたい方は、ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

【書評】正しいブスのほめ方

「何コイツ最低」的なタイトルですが そーゆー本があるんです。これがなかなか面白い! 正しいブスのほめ方。 誤解されそうなので最初にお断りしておきますが私はこの世に「ブス」と呼ばれる生物は存在してないと …

no image

ギガマネー 巨大資金の闇【書評】

ノンフィクションです。     ギガマネー 巨大資金の闇 スイスの大手銀行、クレディスイスによると、 ピラミッドの頂点に位置する「資産が100万ドル以上の成人の富裕層」は 世界に3 …

パラパラめくるだけでも参考になる 『学び効率が最大化するインプット大全』【書評】

  樺沢紫苑さんの本は相変わらずわかりやすい!   Follow me!

女性にはとにかく共感せよ by 女の機嫌の直し方【書評】

  笑ってしまった。面白いですね~。   Follow me!

no image

頭がよくなる眠り方【書評】

脳の仕組みを理解するでござる。     疲れよう。とりあえず。 脳にとって眠気とは   「これ以上活動できないので 一旦シャットダウンしてメンテナンスさせて下さい」 &n …