明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

繁栄 -明日を切り拓くための人類10万年史-【書評】

投稿日:

Facebook CEO
マーク・ザッカーバーグもおすすめする1冊です。

繁栄

人口爆発、環境汚染、貧困拡大、温暖化……

われわれ人類の行く末について、悲観的な予言を目にしない日はない。


だが実のところ、いまこそは人類史の最高の時代なのだ。

明日を暗くするかに見える問題も、多くは良い方向に向かっている。


著者リドレーは、ヒトが大成功を収めた要因は「分業」と「交換」 であるとし、

アイディアの交換=共有によってさらなる繁栄が到来すると告げる。


比類なき“合理的楽観主義者”宣言の書。

by Amazon

普通に生き方が学べました。 ←

やっぱり人類の歴史を
いろんな人の目線で振り返って行くのは

刺激にもなるし、勉強になりますね。

どうやって人類が栄えてきたのか
その道筋を辿って行けば

おのずと、自分の生き方も見えてきます。

合理的楽観主義者による、
とってもポジティブになれる良著でございました。

おすすめ!(´∀`*)

やっぱり、人との交流って大事なんだな。 ←ひきこもり

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

【書評】インド人大富豪・成功の錬金術

グローバル社会において群を抜いたビジネス術を持つと言われるインド人から ヒントを得ようじゃまいか。 「誰かに似てんな~」って顔ですよね。 ←失礼 ゼロから生み出す発想法 勉強になりますね~。 インドの …

良い「ひとこと」を意識的に使うだけでいい by 「口ぐせ」は仕事で最強の武器になる!【書評】

  勉強になりました!   Follow me!

ふたつの局面の秩序を均衡させることが、偉大な政治家の神髄である by 『国際秩序』【書評】

  こーゆー「考えさせられる本」が大好きです(´∀`*)   Follow me!

no image

【書評】大きな鳥にさらわれないよう

ヒマになってしまったのでたまには 「読んだけどよく解らなかった」ものでも。 ← 未来の地球のお話です。 大きな鳥にさらわれないよう。 様々な思想家や実業家の動向最先端のテクノロジーや現在の社会問題など …

今後勃興するテクノロジーとの親和性を考えていかないと、日本を再興することはできません by 『日本再興戦略』【書評】

  まさにその通りですね!   Follow me!