自己紹介

2017年11月5日日曜日

ピクサー流 創造するちから【書評】





みんな大好き「ディズニーアニメ」の経営哲学書です。









ピクサー流 想像するちから





『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』
『ニモ』『カーズ』『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・

創業以来すべての作品をヒットさせてきたピクサー。
財務面を強化すべく、2006年にディズニーの傘下に入るが、
創造性においてはピクサーの方が勝っており、


ピクサー共同創設者で現社長のエド・キャットムルと
ジョン・ラセター(監督/アニメーターとして有名)に、
ディズニー・アニメーション・スタジオの再建が託された。


本書はエド自身が映画制作の現場で学んだ体験や、

ピクサー流アイデアの育て方、創造的組織づくりの秘密を語る。


「良いアイデアより、良い人材。
独創的なアイデアは天才的な ひらめきだけでは成り立たない」


「ひとりの天才に頼るのではなく、チーム/組織としてクリエイティブになる」
・・・そのすぐれたマネジメント手腕は、
ディズニーアニメーションの再建にもいかんなく発揮され、
「アナ雪」の世界的ヒットを生み出した。


ジョブズ、エド、ラセターの3人は、

互いに尊敬で結ばれた、まさに理想の仲間だった。

ジョブズは、あの有名な評伝で書かれているような“最悪の人物”ではなく、
非常に温かい後ろ盾だったと、エドは言う。

「あとがき:私の知っているスティーブ」に書かれたジョブズとの交流、
そして亡くなる直前のエピソードは、涙なくして読めない。


400ページを超える大作で、歯ごたえ十分。

しかし、それだけぎっしり詰まった、大きなものを得られる。

by Amazon




単純に、
ディズニーアニメは一目見ただけで

「あ、この人達こだわってんな( ´゚д゚`)」
ってのが解るくらい、クオリティが高いです。



ただでさえ、
ピーターパンシンデレラに代表される手書きのアニメでさえ
アニメーションの動きに圧倒的なぬるぬる感が表現されてたのに

コンピューターの天才たちが集まった「ピクサー」が加わったらもう
鬼に金棒ですよね。



もちろん、
全てが順風満帆に進んでたわけでもなく

故スティーブ・ジョブズ氏とタッグを組み
チームであらゆる苦難を乗り越えて
数々の名作アニメが生み出されていったわけです。



  • 小さい失敗をお金をかけずに沢山する方法
  • 技術より、見る者を夢中にさせるストーリー、アイデアが一番
  • 新しい事を学び続ける大切さ
  • 継続する組織作り、子弟教育プログラムetc



ビジネス書としてだけでなく、

ピクサー社の中身や裏側としても
内容の濃い1冊となっております。



クリエイティブをお求めの方は、ぜひ。








0 件のコメント:

コメントを投稿