さくっと「ビジネス書」 大人の研究室 恋バナでもしようず

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣【書評】

投稿日:2017年12月22日 更新日:

 

納得です。

 

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣

女性にモテる、上司にモテる、後輩からもモテる。
そんな男になるための50の習慣を紹介。

モテる男は、女性からも男性からも好かれます。
本書を読めば、あらゆる場面でモテる男になれます!

・会社では「あの人のお願いはなぜだか断れない」と思われるモテる男
・デートで「もっと話したい」と思われるモテる男
・家庭で妻から信頼されているモテる男

出会いを求めている人、デートを控えている人、上司から嫌われている気がする人、思っていた夫婦生活と違ったという人などの仕事やプライベートでの人間関係の悩みを解決します!
各項目の見出しは、「モテる男は○○、モテない男は××」といった対比になっているので、
自分におきかえて読んでみてください。
著者の失敗談や成功談、今までに教えてきた男性の例などを挙げて、わかりやすく解説しています。
モテるための知識を磨いて習慣にしましょう!

by Amazon

 

モテたくて必死になってるおじさんです。こんにちは。

こーゆー本は気になってついつい読んでしまいますね。勉強になることが多いですし。

 

恋愛に限った話ではなく、

先輩にモテる、同僚にモテる、後輩にモテる、クライアントにモテるetc

どのビジネスにおいても「モテる力」は必須項目ですよね。

 

そんなモテる男と嫌われる男50の習慣が詰め込まれた1冊です

その中から3つ紹介しますね!

 

モテる男は「こまめに」感謝し、嫌われる男は「一度だけ」感謝する

これ、私は出来てません\(^o^)/オワタ

 

  1. 人間は一人では生きられない
  2. なので、人のために何かをするのが当たり前
  3. だからいいよ、礼なんて。照れるだろ。

 

という思考ですね。感謝はするのもされるのも苦手です。

そーゆー男性は結構いるんじゃないかな。

 

感謝が大切なのはよく言われてることなので、出来るだけ口にするようにはしてますが

まあ、心はこもってないですわな( ´゚д゚`) ←

 

ここは深く考えずにサラッと思考停止した習慣にするべきなんでしょうねえ。

「人は人に貢献するのが当たり前」という冷めた思考が良くないのかな。反省します。

 

モテる男は「学び続け」、嫌われる男は「学ぶのをやめる」

「学ぶのをやめたくらいで嫌われねーだろ」と、ちょっと思ってしまいました

学ぶ姿勢というのは凄く大事ですよね。

 

「勉強はツライもの」というイメージがどうしてもありますが、

自分の好きな分野を勉強するのは、楽しいものなんです。

 

もちろん、「学ぶ」のは実戦の中だけでは足りません

読書をして自分と照らし合わせることが大切なんですよ。

 

ビル・ゲイツにしろ、マーク・ザッカーバーグにしろ、チャーリー・マンガーにしろ、

読書をするビジネスマンの言葉がいちいち感動的だったりするのは、読書をしまくる人の思考は濃いので興味をそそられるからなんです。

 

読書で得た知識は「熟考する」のが学びのポイントです。

自分にしか出せないユニークな答えを出しましょう!

 

モテる男は「散歩感覚で」デートに誘い、嫌われる男は「意気込んで」デートに誘う

これめっちゃ分かりますね!

これだけのことで一体何発損したkどれだけ失敗したことか。

 

ついつい意気込んでしまうんですよね~

やっぱり好きな女性にはかっこいいと思われたいじゃないですかあ(´∀`*)

 

もう、なんか

これだけでモテるような気にさえなってくるくらい勉強になった一言ですね。

 

意気込んで緊張すると、自分の力を100%出すことは出来ません。

ビジネスにおいてもこれが当てはまる状況はあります

気軽に「散歩感覚で」というのが大事な部分もありますね。

 

と、いうことで

ちょっとその辺でも歩かない? ←実践

 

「モテる男」とは「仕事の出来る男」ということですね

勉強になりました。おすすめ!(´∀`*)

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, 大人の研究室, 恋バナでもしようず

執筆者:

関連記事

no image

【書評】すぐ使える!四字熟語 頭の良さは「語彙力」で決まる

ここでも、効率化してみる。 便利なものは使っていくスタイル。 すぐ使える!四字熟語 自分が置かれた状況や、思ってる事を効率化して伝える最適なツールが四字熟語です。 メールでも、SNSでも長文をだらだら …

ある日うっかりPTA【書評】

  知られざる、PTAの世界。   Follow me!

国家はなぜ衰退するのか【書評】

  NPO団体などを支援したりしてる方は、ぜひ。   Follow me!

no image

幻の黒船カレーを追え【書評】

壮大な、冒険記。 ← 幻の黒船カレーを追え カレーライスのルーツを探りにヨーロッパへ  幕末に日本に上陸したといわれるカレー。 それは一体どこから来たのか、 そしてその味はどんなものだったの …

no image

「品がないね」と言ってくれる人はいない by 察する人、間の悪い人。【書評】

おもしろい! その裏に隠された、真実を読め! 察する人、間の悪い人。 私ももちろんそうですが本音を言う人は、まずいません。 「本音を言わない方が悪い」 なんて思っちゃう方は2ちゃんなどの匿名掲示板で相 …