さくっと「ビジネス書」 ラーメンマン

ラーメン超進化論【書評】

投稿日:

 

読んでると、お腹が空いてきます。

 

ラーメン超進化論

1000円以下で食べられる庶民的料理のラーメンが、
いまやミシュランを賑わせる存在になっている。
店内のセンスもグッとよくなり、行列のなかに女性や
外国人を見かけることも珍しくなくなった。
作り手たちは、麺やスープに使う素材にこだわり、
手間暇を惜しまず一杯を提供している。

日本に35000店あると言われるラーメン店でも、
特に素晴らしい一杯を作る店がある。
そういった店主たちは常軌を逸した努力で他にはない、
オリジナルの味をもがき苦しみながら作り上げる。
彼らはいかにしてそうなりえたのか。

ミシュラン一つ星を受賞した、「Japanese Soba Noodles 蔦」や「創作麺工房 鳴龍」をはじめとした、
日本最高峰の作り手たちに、「ラーメン官僚」が迫った。

by Amazon

むしろ、今までミシュランを賑わせてなかったことに驚きですよね。 ←

これだけ日々進化し、イノベーションを起こす食のジャンルもそうそう無いと思います。

 

1000円以内で食べられる大衆食だったラーメンが

世界中の美食家をうならせるまでに進化しております。

 

いろんな店を食べ歩くと解りますが

魂を込めた1杯のラーメンにそれぞれの哲学が詰め込まれているので

「ここでしか味わえない」1点ものが大量にあるんですよ。

こんなに奥深い食が今まであっただろうか(; ・`д・´) ←レポーター気取り

 

 

私もラーメンが好きで、もっと食べ歩きたいのですが

時間とお金が追いつきませんので

ラーメンは今、どんな進化をしてるのか!?が解る本はありがたいですね。

 


東京で食べ歩きたくなる1冊です。

 

お好きな方は、ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, ラーメンマン

執筆者:

関連記事

【飯テロ】ライトニングファイヤー【天竺そば】

  「汁なし担々麺」です。   Follow me!

D・カーネギーのクラシック名著 『道は開ける』【人生論】

  人生の究極は「悩まない」ですね。   Follow me!

no image

心の上に刃を置いて「忍」 by 忍者はすごかった【書評】

忍者の兵法集です。 忍者はすごかった 黒装束で素早く動き、 手裏剣で敵を撃退する… 忍者に対するそんなイメージは、 すべてフィクションだった! 「忍者」という呼び名自体が 昭和三十年代に小説などを通じ …

no image

【人生】パートナーは宇宙人【省エネ】

STOP!夫婦喧嘩! ヒステリー化した女性をなだめる時に使うエネルギーはだいたい元気玉2つぶんくらいです。 (でら幸太調べ) 異性は違う星から来た生命体 そもそも、男と女では脳の作りや見た目からして違 …

国家はなぜ衰退するのか【書評】

  NPO団体などを支援したりしてる方は、ぜひ。   Follow me!