読書感想文

【書評】語彙力こそが教養である

投稿日:

 

ヤバイです。 ←語彙力

 

語彙力こそが教養である

その一言に知性は滲み出る。誰でもできる珠玉の言葉を血肉にする技術。

18万部突破!語彙力ブームは本書から始まった!

語彙が豊かになれば、見える世界が変わる。
教養あふれる大人になるための、実践的「語彙力向上講義」。

by Amazon

どれだけ知識があっても、解りやすく伝えれなければ「頭が悪い」と判断されてしまいますので

「語彙力」はとっても大事だね!ってのがよく分かる1冊です。

 

とは言っても、言葉の意味を相手が理解してなければ意味がないので

難しいところなんですよね。

「ちょっと知的な自分を演出できる」材料として読むのが良いかも知れません。

 

たしかに、言葉をたくさん知ってて使いこなす人は教養があるように見えますからね。

相手が「なんとなくニュアンスは解る」ぎりぎりのラインを攻めることが出来れば

かなり「頭いいな」と思わせることが出来そうです。

 

と、まあ単純に言葉を覚えると説明が楽になるので語彙力は鍛えて損はないです。

気軽にさくっと読んでみてはいかがでしょう。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書感想文

執筆者:

関連記事

no image

寄り道こそが人生 by 最後はなぜかうまくいくイタリア人【書評】

日本人とは正反対の考え方してます。 おもしろかったので、レビューしまうす(´∀`*) 最後はなぜかうまくいくイタリア人 三行で説明すると 筆者さんがイタリアで仕事してて気づいたことをまとめてあるやつで …

no image

【書評】M

いつも一緒にいたかった~♪ ではなく馳星周先生の短編集です。 「世にも奇妙な物語」のアダルトバージョンてとこでしょうか。 ブラックで、ダークです。 馳星周・「M」 4つの官能的な物語が楽しると思いきや …

no image

100年働く仕事の哲学【書評】

本当の地獄は、60歳から始まりますよお~ヘ(゚д゚ヘ))))))~ 100年働く仕事の哲学 キャリア人生の前提は変わってしまった。 現在の年齢が何歳であるかは関係なく、 誰もが、退職なき100年人生の …

no image

【書評】教団X

アマゾンの評価は酷い事になってますが 私はこーゆー作品も好きですけどね。 ポロリもあるよ!(´∀`*) 教団X 忽然と消えた彼女の背後に浮かび上がる2つの教団。 570ページほどの分厚い内容の中でいろ …

no image

吉原で生きる【書評】

色街・吉原のリアル。 吉原で生きる 日本の風俗街の代名詞的な存在である、東京・吉原。 江戸時代から続くこの色街は、とにかく不思議な場所だ。 付近に鉄道駅がない、陸の孤島。 周囲は360度住宅街にぐるり …