さくっと「ビジネス書」 未分類

「腹が減っては戦が出来ぬ」の勘違い by なぜ一流の人は「集中力」が1日中続くのか?【書評】

投稿日:

 

私も勘違いしてましたてへぺろ。

 

なぜ一流の人は「集中力」が1日中続くのか?

「結果を出す人は、昼メシを喰わない! 」
頭の回転を速くする60の習慣

手術という「間違いの許されない仕事」を日々続け、年間の手術は1000例以上。全国で5つのクリニックを展開するカリスマ外科医が教える集中力を高める極意。

集中力は筋力のように自由自在にはならない。心と体と環境を最善の状態に整えなければ、全くといっていいほど発揮されないのである。
心と体の調子に悪影響を与える集中阻害因子には「睡眠」「運動」「食品」「環境」そして「自分自身の脳」がある。
たとえば食品では、甘いものや、昼ご飯、質の悪い油、コーヒーは、集中力の敵。
逆にそれぞれに集中力を高める条件もある。
この本では私たちがなぜ集中できないのか、どうすれば集中できるのか、そして集中することによってどのようなことが可能になるのか、についてお話ししたい。
集中力が高まれば記憶力もアップし、ひらめきが生まれる! 

by Amazon

「なぜ一流の人は~」シリーズが好きなおじさんです。こんにちは。

 

だって

一流になりたいなら

一流から技を盗むのが一番楽で手っ取り早いじゃないですか。

自己流でやり続けても、いいことないですし時間の無駄です。

 

「こうすると、はかどるよ!」という他人の知恵はとりあえず実践してみましょう

自分に合わなければ、やめればいいだけの話です。

 

そんなカリスマ外科医の集中術が詰まった1冊です。おもしろいので、ぜひ。

 

「脳は糖しか利用できない」は大ウソ!

「腹が減っては戦は出来ぬ」

皆さんはこのことわざを誤解しています。

戦場に行って飯を炊けば煙が上がって、敵に自分の居場所を教えてしまいます。

 

「戦に行ったら飯は食えない。だから戦の前に腹ごしらえをして内臓脂肪を蓄えておきなさい」という意味です。

 

だいたいの人は、

空腹では力が入らないから大事な仕事の直前にしっかり食べないといけない

という意味だと思ってますが

食事をした直後は胃に血液が集まるので

消化しきるまでは力が入るどころか、脳のパフォーマンスは落ちます。

 

なので、本当は

集中したい6時間くらい前に食事をしておきなさい

という事ですね。

 

 

「糖分が脳に良い」っていうのもよく聞きますが

 

そもそも、現代人は

栄養価の高い食事を摂ってるはずなので

糖を必要以上に摂らなくても間に合ってると思いますよ。

 

 

疲れた時に甘いものが食べたくなるのは、

ただの「糖質依存症」なので

甘いものを食べても集中力は発揮されませんし、回復もしません

 

むしろ、ボーッとして\(^o^)/オワタです。

 

 

「この仕事を終わらせたい」という気持ちがあれば

空腹の方が集中できるはずですよ。

 

 

食事は、仕事がひと段落してから摂るのがベストですね。

 

良著です。おすすめ!(´∀`*)

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, 未分類

執筆者:

関連記事

国家はなぜ衰退するのか【書評】

  NPO団体などを支援したりしてる方は、ぜひ。   Follow me!

no image

すぐやる人の”超えてる”思考法 【書評】

  啓発です。     すぐやる人の”超えてる”思考法 結果を残す人と残さない人、改革を実行できる人とできない人、人生を充実させている人とそうでない人、 その差は一体どこ …

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。【書評】

  わろす。   Follow me!

『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』から学ぶ「自由」

  「リベラル(自由主義)」とは?   Follow me!

no image

未来に先回りする思考法【書評】

未来を予測する方法です。 未来に先回りする思考法 「実際に空を飛ぶ機械が、数学者と機械工の協力と不断の努力によって発明されるまでには、百万年から一万年かかるだろう」 ニューヨークタイムズにこのような社 …