さくっと「ビジネス書」

汚職腐敗を摘発せよ! 『中国 新たな経済大革命』【書評】

投稿日:

 

中国投資がアツイと聞いて。 ←

 

中国 新たな経済大革命

2017年秋の共産党大会で権力の頂点に上り詰めた習近平総書紀にとって、「新たな経済大革命」を起こす環境が整った。

習近平時代の革命は、経済成長というパイを、公平かつ効率よく分配することに軸足をおく。

それは、スケールの大きさやグローバル経済へのインパクトの強さにおいて、いずれも鄧小平時代の革命を凌ぐものとなる。

だが、実現へのハードルは高い。深刻化する社会矛盾を解消し、国民に目に見えるような「獲得感」を与えられなければ、習近平政権の失速は避けられない―。

中国経済ウォッチャーとしての長年の経験、広範な文献調査、経済分析、観察をもとに、長期的な視点、歴史的な視点から、中国経済の可能性とリスクを冷静に解き明かす。

by Amazon

中国がどんな経済政策をしてきて、どんな結果を生んで、これからどうしていくのか

エコノミストの視点から読み取っていく1冊です。

 

単純に、「中国への投資がおすすめ!(´∀`*)」と言われてるので

中国で何が起こってるのか詳しく知りたくて読んでみましたが

なるほど、これは中国株買いですな。 ←流されやすいタイプ

見直す場所があるということは、伸びしろがあるということです。

 

もちろん、その中国経済の動向は習近平総書記がカギを握ってるわけですが

やはり国内外で偏ったチャイナマネーをうまく流動させることが出来るかどうかにかかってますね。

どの国でも言えることですが、中国はなおさら酷い印象です。

 

政府や企業で蔓延る汚職腐敗

これが、GDPが上がっても国民の満足度が上がらない一番の原因になっている気がしますね。

 

国の繁栄には、国民のモチベーションが必須条件です

中国にはここをまだ上げられる余力があるので、中国はまだ成長できる=投資する価値がある

ということが1つの理由ですね。

 

これもまあ、政策や施策次第ですけども…(´・ω・`)

 

 

世界は大きく動いております。

 

投資の判断材料に、ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

眠れなくなるほど面白い物理の話【書評】

  謎を解き明かせ! Follow me!

no image

【書評】ヘル・ウィーク

こーゆー新刊が売ってるとついつい読んでしまうんですよ。 自分の能力を1週間で極限まで伸ばすレッスンです。 HELL WEEK 英陸軍や特殊空挺部隊が実際に行う訓練で「地獄の一週間」と呼ばれるメンタルト …

【書評】面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた→そしたら人生観変わった

  タイトル長いです。打つのに一苦労。 (別に打たなくてもいいんだけど 堀江貴文さんの新刊です。面白い!   Follow me!

no image

世界経済全史【書評】

おかねのれきし。 世界経済全史 「51の転換点」で経済を動かした出来事がわかる! 「経済を読むPOINT」で出来事の背景がわかる! 「わかりやすい解説」で国々の思惑がわかる! バブルや停滞はなぜ起こる …

人間が生きていることを実感するのは、リスクを選ぶときだ by 『悪癖の科学』【書評】

  これは目からウロコですね。   Follow me!