さくっと「ビジネス書」

ドナルド・トランプ大統領誕生秘話 by 『暴君誕生』【書評】

投稿日:2018年1月3日 更新日:

 

ついつい最後まで読んでしまった。

 

暴君誕生

トランプ現象を背景に、アメリカの抱える闇、ポピュリズムに陥るリーダーとそれを生み出す構造、メディアの問題を最高に面白く読み解き、日本の政治状況にも通じる破綻寸前の民主主義のどうしようもない実態が白日の下に。

2016年11月、トランプ大統領が誕生した――。共和党の大統領候補者が出そろったとき、1年後にトランプ大統領が誕生することなど誰が想像しただろうか。

メディアはこぞってトランプの愚行や奇抜な発言を報道してきたが、トランプの支持率はトップの座を譲ることはなかった。確かにトランプはクレイジーなピエロの1人だが、彼は大統領の座を勝ち取った。なぜ他の共和党候補者はトランプに勝てなかったのか、なぜヒラリーはトランプに負けたのか。アメリカはもう終わりなのか。

本書では1年半かけてトランプの選挙を追い、トランプという恐るべきピエロを生み出したアメリカ社会とそのメディア、そしてその背景にあるアメリカの政治と歴史が持つ問題の追及を試みる。

by Amazon

毒舌っぷりが爽快で、なんとも「アメリカな1冊」です。

 

ドナルド・トランプ氏が大統領になる裏側ではいったい何が起こってたのか!?

というところを名ジャーナリストが1年半密着して書きあげた告発本です。

 

日本に住んでるとどうしても情報が偏ってしまいますからね~

私たちにとっても、アメリカの政治は他人事ではありませんよ。

 

私個人としては、そんなにトランプ大統領にはマイナスなイメージはなかったのですが

なるほど、これは嫌われるわなと納得しました。 ←

 

アメリカの「裏側」

アメリカの選挙は「メディアありき」なので、

マニフェストがどうとかはあんまり関係なく、「とにかく目立ったもの勝ち」なのが曲者ですよね。

 

今まで就任した大統領や政治にうんざりしてた若者たちにとって

この「暴君」とも言えるトランプ氏はさぞかしヒーローに映ったことでしょう。

 

選挙戦も、目立とうとするあまりに

トランプ氏がまともに見えるほどの立候補者たちの荒れっぷり。

これは日本からはなかなか得られない情報ですね~。面白いです!

 

しかしこれは著者さんのセンスが抜群に良いですね

皮肉たっぷりなブラックジョークを交えた大統領選の裏側をお楽しみ下さい!

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

怪異古生物考【書評】

  「伝説の生物」の正体とは―?   Follow me!

no image

人を洗脳しようとする残念な人達

必死ですなあ(´∀`*) どこに行っても1人は必ずいるもんですね。 「おれをリスペクトしろ、おれには価値がある」的な空気を出す残念な輩。 めんどくせえよ( ´゚д゚`) 自分に興味を集めるためなら他人 …

no image

生きるのが嫌!って人におすすめしたい2冊の本

心を楽にすればおk! 生き方は1つじゃない! 私の経験上心を苦しくするのは 「常識」とかゆーわけわかめな言葉に始まる固定観念です。 親や教師に習ったことなんてほんとクソだな( ´゚д゚`) と思わせて …

君主論【書評】

  2pacの命日ということで。 Follow me!

no image

心がまぁーるくなる禅のおはなし【書評】

ガチだった。 心がまぁーるくなる禅のおはなし 修行僧の試験問題ともいうべき公案集、 その中でも一番有名な公案集『無門関』を題材に 現代人の悩みを一挙に解決します。 「禅問答」というと、わけの分からない …