さくっと「ビジネス書」

「脳のかけら」を集めて、繋げる by 『本を読む人だけが手にするもの』【書評】

投稿日:

 

シビレました。

 

本を読む人だけが手にするもの

累計100万部突破!! 仕事と人生に効く「よのなか科」特別授業 ―― 読書の効能

あなたは「なんで、本を読んだほうがいいのか?」という質問に答えられますか?
親や先生は「本を読みなさい」と言いますが、その素朴な疑問にきちんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。
本書は、「人生における読書の効能」について、リクルート社で初のフェローや東京都の義務教育で初の民間校長を務め、
「よのなか科」という現実社会と教育をリンクさせた大人気の授業やベストセラーで知られる藤原和博氏がひも解いていきます。

by Amazon

なぜ今、読書が必要なのかがよく分かる1冊です。

 

何かの議論においても、ルールに乗っ取った真面目でつまらない話はAIに任せておけばいいんですよ。

これからは「人間ならではのユニークな答え」が期待される世の中になっていきます。

「不真面目で間違ってるけど、思考が面白い人」に価値があるんですね。

 

その「ユニークな答え」を出すためには、多くの「インプット」が必要となってきます。

「いろんな人の知識や思考を集めて、自分と繋げる」といったイメージでしょうか。

おそらくこれも、読書をしないとわからない感覚ですね。 ←

 

私も読む本はなるべく選りすぐってましたが(財布的にキツイので)

とにかく多くのジャンルを乱読することは確かに必要な部分だと思います。

読書とは、「脳のかけら」を集める作業ですね。

 

まさにこれも、「本を読む人だけが手にする」情報なのです。

 


啓発されます。おすすめ!(´∀`*)

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

ソフトウェアを使って、別の次元へ by インダストリー4.0【書評】

ドイツの第4次産業革命のお話です。 近年よく言われてる「人間の仕事のロボット化」の1つ インターネットで工場同志を繋ぐ革命です。 国を挙げて最先端のテクノロジーを研究開発してるところはやっぱり強いんで …

no image

人を洗脳しようとする残念な人達

必死ですなあ(´∀`*) どこに行っても1人は必ずいるもんですね。 「おれをリスペクトしろ、おれには価値がある」的な空気を出す残念な輩。 めんどくせえよ( ´゚д゚`) 自分に興味を集めるためなら他人 …

no image

【書評】0から1を創造する力

聞きしに勝る猛将ぶりでした。 0から1を創造する力 ゲームメーカー「コーエーテクモ」の社長でありプロデューサーでクリエイターでもある 「シブサワ・コウ」こと襟川陽一さんのアイデア術です。 私はモロに「 …

no image

【人生】パートナーは宇宙人【省エネ】

STOP!夫婦喧嘩! ヒステリー化した女性をなだめる時に使うエネルギーはだいたい元気玉2つぶんくらいです。 (でら幸太調べ) 異性は違う星から来た生命体 そもそも、男と女では脳の作りや見た目からして違 …

no image

【書評】「学問のすすめ」

日本が誇る最強の自己啓発本です。 こりゃ一万円札に印刷されるわけですね。 學問ノスゝメ 慶應義塾を創設した伝説の教育者福沢諭吉さんの名著で 学問を志すべき理由からコツまで17編に渡って出版されたものを …