読書感想文

時間に「退屈」をさせられる by 『暇と退屈の倫理学』【書評】

投稿日:

 

人間は「自由」という名の刑に処されている。ってやつですね。

 

暇と退屈の倫理学

何をしてもいいのに、何もすることがない。だから、没頭したい、打ち込みたい……。でも、ほんとうに大切なのは、自分らし
く、自分だけの生き方のルールを見つけること。

by Amazon

ヒマなおじさんです。こんにちは。

 

「暇」と「退屈」について、徹底的に哲学していく1冊です。

人間に生まれた以上、「ヒマ」と「退屈」とは切っても切れない関係にあるので

それらを深く考察していきましょう。ってことですね。

 

なかなか苦痛じゃないですか、退屈な時間って。

 

それは今に始まった事ではなく、脳が発達すればするほど現れる「時間」のことなので

歴代の哲学者たちもこぞって熟考してきたわけですね。

 

ただ、ぼんやりと退屈で苦痛な時間を過ごしてるより

「この時間はいったい何なんだ」と研究してみるのも良いですね。

 

暇だし(´・ω・`) ←

 


 

「暇」と「退屈」について考察が広がる1冊です。

 

「おヒマ潰し」に。ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書感想文

執筆者:

関連記事

【書評】京大式DEEP THINKING 最高の思考力

  「深く考える」を考える考察です。 Follow me!

【書評】専業主婦は2億円損をする

    時代を捉えた1冊ですね。     Follow me!

no image

【書評】面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた→そしたら人生観変わった

タイトル長いです。打つのに一苦労。(別に打たなくてもいいんだけど 堀江貴文さんの新刊です。面白い! 相変わらずこの方は刺激になります。 面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考え …

no image

好きなことを創造する by 「好きなことだけやって生きていく」という提案【書評】

「好きなことを創り出す」という視線も大切です。 「好きなことだけやって生きていく」という提案 社会の仕組みなのか、日本の教育のせいなのか大人になると「好きなこと」というのが解らなくなります 結婚して、 …

no image

SHOE DOG -靴にすべてを- 【書評】

これはエキサイティングですね~。 シュー・ドッグ 父親から借りた50ドルを元手に、 アディダス、プーマを超える 売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、 ビジネスと人生のすべてを語る! 1962年晩 …