明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

時間に「退屈」をさせられる by 『暇と退屈の倫理学』【書評】

投稿日:

 

人間は「自由」という名の刑に処されている。ってやつですね。

 

暇と退屈の倫理学

何をしてもいいのに、何もすることがない。だから、没頭したい、打ち込みたい……。でも、ほんとうに大切なのは、自分らし
く、自分だけの生き方のルールを見つけること。

by Amazon

ヒマなおじさんです。こんにちは。

 

「暇」と「退屈」について、徹底的に哲学していく1冊です。

人間に生まれた以上、「ヒマ」と「退屈」とは切っても切れない関係にあるので

それらを深く考察していきましょう。ってことですね。

 

なかなか苦痛じゃないですか、退屈な時間って。

 

それは今に始まった事ではなく、脳が発達すればするほど現れる「時間」のことなので

歴代の哲学者たちもこぞって熟考してきたわけですね。

 

ただ、ぼんやりと退屈で苦痛な時間を過ごしてるより

「この時間はいったい何なんだ」と研究してみるのも良いですね。

 

暇だし(´・ω・`) ←

 


 

「暇」と「退屈」について考察が広がる1冊です。

 

「おヒマ潰し」に。ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

『相手の心をぎゅっとつかむ語彙力』【ビジネス】

  さくっと読めて勉強になりました。   Follow me!

価値のない仕事をするな 『生産性』【書評】

  仕事は「やればいい」ってものじゃないのです。   Follow me!

no image

残酷すぎる成功法則【書評】

  その成功法則は、間違っている!?     残酷すぎる成功法則 世の中のありとあらゆる「成功ルール」を検証した全米ベストセラー。 あなたがこのままではダメになる理由とこ …

「逃げる」とは、「戦う」こと by 『逃げる力』【書評】

  三十六計、逃げるにしかず。   Follow me!

成功者が習慣にしてること― 『一流の思考』【書評】

  これはアガる。   Follow me!