さくっと「ビジネス書」

【書評】人はなぜ宇宙人に誘拐されるのか?

投稿日:2018年1月16日 更新日:

 

都市伝説的な話ではありません。 ←

 

人はなぜ宇宙人に誘拐されるのか?

“人間に自由意思はある”ことを解明した現役の神経科医の著者が、人間の思考や行動の謎をユーモラスに、わかりやすく解説。
「ゾンビは人間界で暮らすことができるのか?」「空腹でもないのになぜ食べるのか?」「トップ・アスリートたちがやっている脳内シミュレーション」「なぜスポーツ観戦で『夢中』になれるのか?」「耳の聞こえない人が頭の中の声を聞くことはできるのか?」「自分がくすぐることができないのではなぜか?」「なぜコカ・コーラはペプシ・コーラよりも売れるのか?」「自我は脳のどこにあるのか?」「脳を分離したとき、何が起こるのか?」……
論理的でありながら、驚くほどエゴイストな脳の“素顔”を脳科学の最新知見で明らかにする。

by Amazon

宇宙人に誘拐されるのは脳が見せる幻想なだけであって、

つまり「それは気のせいだよ」って本です。なんて購買意欲の失せるコメントや( ´゚д゚`)

 

たしかに人間の思考や行動は謎が多いですよね~。自分でも謎なことが多いです。

脳は何かしらの都合(トラウマや事故)で出来た「記憶の空白」を埋めるために、イメージを働かせて物を見たり思い出したりするので

「宇宙人に誘拐された!」とか「神の声が聞こえる」と豪語する本人は嘘を言ってる意識はまったくないのです。

ただ、脳が伝える「本当にあった」事実を口にしてるだけなんですね。

 

「宇宙人に誘拐された」とかテレビとかでちょくちょく耳にして

正直、かなりビビっておりましたが(30代・独身)安心しました。

 

逆に、この特性を生かした「アスリートのイメージトレーニング」など脳の凄さにも驚愕できる1冊です。

 

人間って本当におもしろいですね~

脳にはまだまだ未知の部分もあるので、これから解明されていくと思います。

 

「へ~!そうなんだ!」的な発見が欲しい方は、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

これからの「正義」の話をしよう【書評】

「正義」とは、なんぞや(´・ω・`) これからの「正義」の話をしよう 「1人を殺せば5人が助かる。 あなたはその1人を殺すべきか?」 正解のない究極の難問に挑み続ける、 ハーバード大学の超人気哲学講義 …

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」 教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんで …

no image

【書評】「損する結婚 儲かる離婚」がめっさ面白い

パンドラの箱を覗いてしまった気分です。衝撃的。 損する結婚・儲かる離婚 近々、周りでも結婚する方がちらほらいるのでタイミング的にも気になって読んでみましたが 独身のうちに読んでおいて良かったです。まじ …

no image

【書評】現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない

本を撮ろうと思ったけどブックオフに売ったらしい。 関連記事:ブックオフにいろいろ売ってみた 去年読んだ自己啓発系ではNo,1です。 人間、自分には甘いもんですね。 「最近たるんできた」と思ったら読もう …

『何ものにも縛られないための政治学』【政治学】

  めっちゃ煽ってきますね~。   Follow me!