さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

【書評】第三のチンパンジー

投稿日:2018年1月20日 更新日:

 

宇宙人から見た人間は、第三のチンパンジーです。

 

「人間とは何か?」という問いに対して1つの答えですね。

 

第三のチンパンジー

チンパンジー(コモンチンパンジー)、ボノボ(ピグミーチンパンジー)と人間の遺伝子はじつに「98.4%」が同じ。人間は「第三のチンパンジー」。

たった「1.6%」の差異が、なぜここまで大きな違いを産み出したか?

分子生理学、進化生物学、生物地理学等の幅広い知見と視点から、壮大なスケールで「人間とは何か」を問い続けるダイアモンド教授の記念すべき第一作が、より最新の情報をふまえ、読みやすくなって登場!

by Amazon

まあ、動物すべては「モテるため」に生きてますよね。 ←

「生活するのに精いっぱい」になるとそれこそ野生の動物と変わらないどころか、「以下」になるわけです。

 

われわれ人類はモテるために芸術やエンターテイメントを生み出しただけでなく、さかのぼれば

  • 言葉を生み出してコミュニケーションを円滑にしたのも
  • 皮膚や目や髪の色の違いが環境に依存してるだけじゃないのも
  • 子孫を残すという目的以外で性行為に及ぶのも

第三のチンパンジーが頭を使った恋愛に特化した結果だと思います。

人類の歴史を知れば知るほど、ここに辿り着いてますね。

 

もちろん、ジェノサイド(集団殺戮)の歴史や薬物中毒にハマる理由なども含めて

「子孫を残すために生きる人類」についていろいろと考えさせられる1冊でした。

 

 

「第三のチンパンジー」は奇妙でユニークな生き物だった。 ←

 

おもしろかったです。おすすめ!(´∀`*)

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

99%の会社はいらない

  いっそ「ひとまとめ」にしちゃった方がいいですよね。   Follow me!

no image

図解 スティーブ・ジョブズのプレゼン術【書評】

「世界を変革する」、そのためのプレゼン。 図解 スティーブ・ジョブズのプレゼン術 単純にプレゼンターってかっこいいじゃないですか(´∀`*) 私もプレゼンターに憧れてブログで色んな物を紹介したりしてま …

no image

本ばっか読んでるおじさんの読書感想文

秋の夜長なうですね。 シャーロック・ホームズの冒険。 名前は知ってたけど内容をよく知らなかったのでブックオフでげっつ。 新聞か雑誌でやってた短編集かなんかだったと思います映画化もされてるのでそちらも見 …

no image

人を洗脳しようとする残念な人達

必死ですなあ(´∀`*) どこに行っても1人は必ずいるもんですね。 「おれをリスペクトしろ、おれには価値がある」的な空気を出す残念な輩。 めんどくせえよ( ´゚д゚`) 自分に興味を集めるためなら他人 …

マンガでさくっと人生論! ショーペンハウアー『幸福について』【西洋哲学】

  とってもわかりやすかったです。   Follow me!