さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

【書評】第三のチンパンジー

投稿日:2018年1月20日 更新日:

 

宇宙人から見た人間は、第三のチンパンジーです。

 

「人間とは何か?」という問いに対して1つの答えですね。

 

第三のチンパンジー

チンパンジー(コモンチンパンジー)、ボノボ(ピグミーチンパンジー)と人間の遺伝子はじつに「98.4%」が同じ。人間は「第三のチンパンジー」。

たった「1.6%」の差異が、なぜここまで大きな違いを産み出したか?

分子生理学、進化生物学、生物地理学等の幅広い知見と視点から、壮大なスケールで「人間とは何か」を問い続けるダイアモンド教授の記念すべき第一作が、より最新の情報をふまえ、読みやすくなって登場!

by Amazon

まあ、動物すべては「モテるため」に生きてますよね。 ←

「生活するのに精いっぱい」になるとそれこそ野生の動物と変わらないどころか、「以下」になるわけです。

 

われわれ人類はモテるために芸術やエンターテイメントを生み出しただけでなく、さかのぼれば

  • 言葉を生み出してコミュニケーションを円滑にしたのも
  • 皮膚や目や髪の色の違いが環境に依存してるだけじゃないのも
  • 子孫を残すという目的以外で性行為に及ぶのも

第三のチンパンジーが頭を使った恋愛に特化した結果だと思います。

人類の歴史を知れば知るほど、ここに辿り着いてますね。

 

もちろん、ジェノサイド(集団殺戮)の歴史や薬物中毒にハマる理由なども含めて

「子孫を残すために生きる人類」についていろいろと考えさせられる1冊でした。

 

 

「第三のチンパンジー」は奇妙でユニークな生き物だった。 ←

 

おもしろかったです。おすすめ!(´∀`*)

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

雨ニモマケズ、ヒキコモリ

絶好の読書日和で、何よりです。 最近読んで面白かったものを晒すよ!よ! ファイアパンチ 私も大好きな特殊能力者ものです。 氷の魔女によって荒廃した世界で妹を殺された主人公が復讐の旅に出るお話ですが こ …

no image

常識を疑え by 枠を壊して自分を生きる【書評】

これは面白い! 枠を壊して自分を生きる アンドロイド(人間酷似型ロボット)研究者の目線から「常識を疑うこと」を見出す1冊です。 クセや仕草など自分そっくりに作られたアンドロイドには 周りがいくら「そっ …

他者のことを気にする暇なんてない by 頭に来てもアホとは戦うな!【書評】

  笑ってしまった。面白いですね~。 Follow me!

ビジネスマンは寓話好き!? 『座右の寓話』【ビジネス本】

  考えさせられる77の物語。   Follow me!

ある日うっかりPTA【書評】

  知られざる、PTAの世界。   Follow me!