さくっと「ビジネス書」

ゾンビの脳はどうなっているのか? by 『ゾンビでわかる神経科学』【書評】

投稿日:

 

ほんとアメリカ人ってこーゆーの好きですよね。私も好きですが。 ←

 

ゾンビでわかる神経科学

ゾンビの脳は、どうなっているのか?

米国の神経科学者ふたりが、大真面目に考えた。ゾンビ研究の最先端、禁断の翻訳!!

***ゾンビ症候群の診断書***
病名:意識欠陥活動低下障害(Consciousness Decit Hypoactivity Disorder/CDHD)
症状:CDHDは後天性の症候群で、患者は活動を意図的に制御できず、無気力で疲れきったような動きを見せたり(運動感覚消失)、喜びの感覚を失ったり(快感消失)、全般的な言語機能障害(失語症)や記憶障害(健忘症)に陥り、摂食などの欲求行動や攻撃的「闘争・逃走」行動を抑えられなくなる。患者はしばしば、見慣れた物や人を認識するのが著しく困難になり(失認症)、持続性睡眠障害が慢性的不眠症という形で表れた結果、やがて「覚醒せん妄」状態にいたる。患者はまた、反社会的行動パターン(人をかんだり食べたりしようとする)も見せ、そうした典型的暴力行為の標的は生身の人間のみに限られる。いっぽう、ほかの感染者に対しては非常に強い向社会的な行動が表れる。その証拠に、感染者は群れ、「群知能」を発揮する。

by Amazon

ゾンビを本気で研究してみた!って本です。

まあ、ゾンビの事がよく解ったところで「何なの?」って話にもなりますけどね。

しかしながら、この意味のなさげなユニークさがたまらないのです!(´∀`*)

 

「ゾンビ」って聞いても、

  • 死んだ人が蘇った「幽霊」と「バケモノ」の中間的な存在
  • 噛まれると、自分もゾンビ化する
  • ゾンビを倒すならヘッドショット!それか燃やす!

それくらいの知識しかないですよね。

 

もともとはゾンビも「人間」だったわけですから。

その人間がゾンビになる時、神経や脳に何が起こってるのかがよくわかる本ですね。

 

な?もうこの時点でなんとなくくだらない匂いがしてくるだろう? ←

 


PS4 – デッドライジング4 

 

ゲームや映画やドラマなどなど今や世界中で空前の「ゾンビブーム」ですからね。

本気で研究してみた!的な専門書が出てもおかしくないでしょう。

 

もし、世界にゾンビが溢れても生き残ることができます。これを読めばね!

 

おヒマな方は、ぜひ。

 


 

「人間の神経科学にも詳しくなれる」という見方も出来ますが

この著者2人の神経科学者がおもしろすぎてそれどころじゃない1冊になっております。 ←

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

昭和な「強制力」は、もういらない by 『ゆるいつながり』【書評】

  必読です。   Follow me!

【書評】北朝鮮 核の資金源:「国連捜査」秘録

  なんであんなに核実験やミサイルをポンポン打てるのか解りました。 ←   Follow me!

no image

【書評】「学問のすすめ」

日本が誇る最強の自己啓発本です。 こりゃ一万円札に印刷されるわけですね。 學問ノスゝメ 慶應義塾を創設した伝説の教育者福沢諭吉さんの名著で 学問を志すべき理由からコツまで17編に渡って出版されたものを …

no image

なぜ人は怪談が好きなのか by お化けの愛し方【書評】

お盆も近いので。 お化けの愛し方 「お化けは怖い」という観点ではなく、「お化けは愛おしい」という 目を閉じて髪を洗えないほどの異常なビビり体質な私には信じがたい1冊でした。 いや、普通に幽霊とか怖いじ …

コミュ力とは「うまく呼ぶ能力」のこと by 『うまい呼び方』【書評】

  「なんて呼べばいいんだろう」を解決する1冊です。脱・コミュ症!( ´゚д゚`)   Follow me!