さくっと「ビジネス書」 日記

ぼくたちの遺伝子は無意識に強くなる

投稿日:2018年4月13日 更新日:

 

難しい本でしたが、おもしろかったです。

 

 

よく、「どうしたらいいのかわからない」という言葉を聞きますが、「好きにしたらええやん」ってことですね。遺伝子的に言えば。

われわれは長い歴史の中で、環境に合わせて「生き残るため、繁殖するため」に勝ち抜いてきた遺伝子です。「本能」とは遺伝子が出した答えだと思ってるので、自分のしたいことを優先するのが正解ですよね。結局。

会社をやめたきゃやめた方がいいし。離婚したけりゃした方がいいし。「誰かに迷惑がかかるから出来ない」という自制は生物学的にあんまりよろしくないのです。

 

「いやだな」と思うことは、遺伝子が発してる警告のようなものなので、それに逆らってもいいことはありません。

 

人類に限らずですが、生物はそれぞれ生きやすく進化していくのです。しかも勝手に。

自分と向き合う時間を作って、ゆっくり自分の本能に耳を澄ませてみましょう。遺伝子たちは「君はこうした方がいい!」と常に発信してるはずです。

 


ちなみにこの本は難しすぎて「コイツなに言ってんの」的な文章の連続でしたが、専門用語なども調べながら精読すると「遺伝子」が見えてきます。めんどくさ

「生き方のヒント」は過酷な環境をサバイブしてきた遺伝子に教えてもらいましょー。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, 日記

執筆者:

関連記事

パンツをめぐる煩悩からは、解脱しきれないのである by 『パンツが見える。』【書評】

  歴史学です。(キッパリ   Follow me!

私たちが歴史から学べるたった1つの重要なこと

  にっき。   Follow me!

天才クリエイターの半生 『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』【伝記】

  おもしろい!   Follow me!

no image

となりの億万長者【書評】

  お金持ちになりたい人へ。     となりの億万長者 億万長者とは、実際どんな人々なのか?─ アメリカ富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士とダンコ博士は、1万人以上 …

貧富の格差に嘆いてるだけだから君はいつまでもダメなんだな

  教えてやるよ。上から目線   Follow me!

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。