明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。【書評】

投稿日:

 

わろす。

 

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者に必要なのは、一に体力、二に体力、三、四がなくて、五に体力?! 
出張先は火山に、ジャングル、無人島……!?

耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘い、吸血カラスを発見したのに、なぜか意気消沈し、
空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――。
アウトドア理系「鳥類学者」の知られざる毎日は、今日も命がけ!

センセイ、ご無事のお戻り、祈念しております……(担当編集者) 

by Amazon

これはなかなか痛快な業界コメディ!

あまり知られていない「鳥類学者」の世界を丸裸にする1冊です。

 

「鳥類学者」って聞くと、双眼鏡を片手に景色のいい観光地あたりでバードウォッチングしてるだけのキャッキャウフフで楽な仕事と思ってましたが、まずそれを全力で謝りたい。

ちゃんと仕事してます。いや、それどころか命がけです。半分ふざけてるけど

 

内容は、小難しい専門用語などもなく「鳥類」の生態や歴史、学者界のあれこれなど全般を通して解りやすく、勉強になりました。「鳥類学者」ってどんな仕事なのかなあと疑問を持ってる方にはうってつけですね。

 

ですが、タイトルからも薄々感じ取れる通り、完全に読者を笑わせに来てるので公共の場で読むのはおすすめしません。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

「自分はなにも知らない」ということを知ること 『知ってるつもり 無知の科学』【書評】

  おもしろい!   Follow me!

no image

宝くじで1億円当たった人の末路【書評】

こーゆーのが気になるタイプです。 宝くじで1億円当たった人の末路 単純に 気になるじゃないすか(´∀`*) ← ってことで末路が気になる人たちを 著者さんが専門家にインタビューして本書用に編集した1冊 …

イノベーションを生む対話とは―? 『仕事に効くオープンダイアローグ』【書評】

  ビジネスの勉強に。   Follow me!

いつの時代も「税金」は嫌われ者なんです 『脱税の世界史』【書評】

  みんな税金から逃れようと必死やな。 ←   Follow me!

あなたはあなたの食べたものでできている by 『あなたの体は9割が細菌』【書評】

  頑張れ微生物!(´∀`*)   Follow me!