明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」 無駄に考察する

「逃げる」とは、「戦う」こと by 『逃げる力』【書評】

投稿日:2018年4月25日 更新日:

 

三十六計、逃げるにしかず。

 

逃げる力

会社から逃げる、人間関係から逃げる、目の前のピンチから逃げる…逃げることは、消極的で後ろ向きなことだと考えていないだろうか。実は逃げることは戦うことと同じくらい積極的な行動である。

戦う時に分泌されるホルモン「アドレナリン」は、逃げる時にも分泌されるのだ。本当に大切なものを守るために、戦っても勝ち目がない、得るものがないと判断したら、さっさと逃げるべきである。

だからまず、自分にとって大切なものは何か、しっかり見定めなければならない―著者が動物や戦国武将の例も挙げながら、人生についての根本的な考え方を語る一冊。

by Amazon

「逃げるくらいなら、潔く散る」という発想が、実は逃げてるのです。

そこにはもう「戦う意思」はないですからね。

 

「ダメなら一旦逃げて、体制を立て直してからまた挑む」のが本当の意味で「戦う」ということなのです。

なので、「知人から金を借りて、返さずにそのままバックレる」といった類のクソみたいな話ではありません。それはただの逃げ癖がついた臆病な卑怯者ってだけです。

「戦う意思」がある場合の「逃げる力」という話ですね。

 

「背中の傷は武士の恥」的な発想は実に日本人らしい美学とされてますが、そのために世界大戦で多くの犠牲者を出す羽目になったのです。

勝ち目がなければ逃げる。そして冷静になる。これが今の時代もの凄く重要なことだと思います。

 

長いようで短い「人生」です。自分の「生き方」について、熟考することも必要ですね。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, 無駄に考察する

執筆者:

関連記事

お金を貸すなら、「期限までに増やして返してもらう」を前提に

  「お金が余って仕方がない」人には関係ない話です。 ←   Follow me!

自分の心をとらえたものは他の人たちをも魅了する by 『スターバックス成功物語』【書評】

  素晴らしいビジネス哲学です。   Follow me!

no image

ヒマなのでファッションについて考察する

着たい服を着ればいいんでしょうけどね 世の女性の男性に対するファッションチェックは厳しめです。 異性の目は大切ですよ。 ファッション。 おれは誰にも媚びないぜ! と我が道を行くタイプの声もたまに聞きま …

『サラリーマンは300万で小さな会社を買いなさい』【ビジネス】

  資本家を目指しましょー!   Follow me!

no image

「二郎系ラーメン」は、戦だ

食材たちとのガチバトル。 私は二郎インスパイアのラーメンが好きでちょくちょく近場の店に行くのですが 知らない方のために 二郎系ラーメンとは こーゆーやつです。 もう見たまんまですね一歩間違えたら「餌」 …