さくっと「ビジネス書」

もし私たちが他の惑星に移住するなら、ニワトリを同行させるだろう by 『ニワトリ』【書評】

投稿日:

 

思ってたより、すげえ鳥だった。

 

ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥

ニワトリを見れば、世界が見える。ニワトリの足跡を求めて歴史・文化・科学を巡り、地球各地を巡る驚異の旅!

神の使い・健康と医療・癒し・娯楽・食料・都市生活…恐竜の小さな末裔たちが物語る大いなる文明論。

by Amazon

よし、ニワトリ飼おう。って気になりました。

その理由は、

  • 残飯を処理してくれる
  • 朝日が昇ったら必ず鳴くので、目覚ましになる(起きる時間にもよるけど
  • タンパク質が豊富な卵を毎日生んでくれる
  • フンが畑の肥料になる
  • 費用がかからず、丈夫で飼いやすい
  • 知能も高いから遊び相手にもなる
  • いざとなったら、いただきます! ←

これだけ優秀な家畜、人類が目を付けないワケがないですよね。

今まで特にニワトリに関してなにも気にせずに生きてましたが、ニワトリと人間が共に歩んできた歴史には思ってたよりも深い繋がりがありました。

よし。飼おう。ニワトリ。

 

それだけじゃなく、「NASA」がニワトリを宇宙の旅に同行させる実験をしてるとか、インフルエンザワクチンを作る入れ物に「鶏の卵」が使われてるとか、「へえ~!」が炸裂しまくる1冊でした。

これまでも、これからも「人類になくてはならない存在」ですね。ニワトリ畏るべし。

 

ニワトリと人類の歴史や文化と共に振り返りながら、「鶏」のことをもっと好きになってみましょう!

 


 

なぜかって?

私、酉年なんです!(´∀`*)

 

それはどうでもいいですが、おもしろい本なので、ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

となりの億万長者【書評】

  お金持ちになりたい人へ。     となりの億万長者 億万長者とは、実際どんな人々なのか?─ アメリカ富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士とダンコ博士は、1万人以上 …

コミュ力とは「うまく呼ぶ能力」のこと by 『うまい呼び方』【書評】

  「なんて呼べばいいんだろう」を解決する1冊です。脱・コミュ症!( ´゚д゚`)   Follow me!

no image

ファイナンスこそが最強の意志決定術である【書評】

「意思決定力」を鍛えよう! ファイナンスこそが最強の意思決定術である スティーブ・ジョブズはなぜいつも黒のタートルネックなのか? 孫正義はなぜあんなに高額でM&Aをするのか? 「ファイナンス力 …

40代は英語学習のベストタイミング by 40代からの「英語」の学び方【書評】

  勉強になりました。   Follow me!

バフェット 伝説の投資教室【書評】

  投資の勉強です。 Follow me!