明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

「競争する負け犬」にはなるな by 『ピーター・ティール』【書評】

投稿日:2018年5月10日 更新日:

 

影響受けます。

 

『Peter Thiel』 世界を手にした「反逆の起業家」の野望

フェイスブックを最初期から支える超大物投資家。
テスラ、ユーチューブ、リンクトインなどの名だたる起業家を輩出したペイパルの伝説的共同創業者。
ドナルド・トランプを意のままに操り、「影の米大統領」(ポリティコ誌)とささやかれるテクノロジー政策顧問。
スタンフォード大学を震撼させた自由至上主義哲学者。
そして、シリコンバレーの頂点を極めながら、誰よりもシリコンバレーに絶望している男――。
ジョブズ、ザッカーバーグを超える無敵の男、その全戦略と破壊的思考にせまる初の本! 

by Amazon

スタンフォード大学が誇る天才起業家集団「ペイパルマフィア」のトップ、「ピーター・ティール」に迫る1冊です。

 

・なぜ彼は革命的決済サービス「ペイパル」を成功させることができたのか?
・なぜ「ユーチューブ」「テスラ」「リンクトイン」などの名だたる創業者を輩出できたのか?
・なぜ「フェイスブック」の可能性をいち早く見抜けたのか?
・CIAやFBIを顧客にもつ謎のデータ企業「パランティア」を創業した理由とは?
・トランプを支持し、テクノロジー政策顧問を引き受けた真の狙いとは?
・なぜ世界に「自由」と「テクノロジー」が必要なのか?
・なぜシリコンバレーの頂点を極めながら、シリコンバレーにイラ立ちつづけるのか?

「ピーター・ティールほど常識にとらわれない思考ができる人間はめったにいない」
――イーロン・マスク(テスラモーターズ、スペースX共同創業者。ニューヨーカー誌より)
「彼のそばにいると、『自分ももっと賢くならなきゃ』と誰もが思う」
――マーク・アンドリーセン(ネットスケープ共同創業者、投資家。フォーブス誌より)
「ピーター・ティールは逆張り屋です。で、逆張り屋は大抵まちがっています」
――ジェフ・ベゾス(アマゾン共同創業者。トランプ支持を表明したティールを批判して)
「僕たちの取締役ピーター・ティールは、トランプ政権の顧問でもあります。そのことでご批判をいただいていますが、フェイスブックが多様性をモットーとする企業であろうとするなら、多様な政治観をも許容すべきなのです。それが僕の信念です」
――マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック共同創業者)

と、まあ世界の名だたるビジネスマンたちがなんやかんや仰ってるので()特筆することはないですが、やはり「視点」は常人の発想を超えてますね。この一言に尽きます。

 

「競争」とは、それに巻き込まれた時点で終わりなのだ。

そう語り、世界に刺激を与えて変化を促しながら「未来の世界」をテクノロジーで作り続ける「ピーター・ティール」の哲学が詰まった伝記です。

モチベーションの向上に、ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

【書評】大きな鳥にさらわれないよう

ヒマになってしまったのでたまには 「読んだけどよく解らなかった」ものでも。 ← 未来の地球のお話です。 大きな鳥にさらわれないよう。 様々な思想家や実業家の動向最先端のテクノロジーや現在の社会問題など …

時給を上げる方法 by 『時給思考』【書評】

  己の価値を高めろ!   Follow me!

腸活しようぜ! 『腸科学 健康・長生き・ダイエットのための食事法』【医学】

  健康マニアです。こんにちは。   Follow me!

貧乏は損しかしない 『貧困脱出マニュアル』【書評】

  正論ですねえ。   Follow me!

投資で成功するのは簡単ではないと、肝に銘じるべきだ 『市場サイクルを極める』【書評】

  これはもう「勉強にしかならない」ぞ( ´゚д゚`)   Follow me!