さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「小説・ノベルズ」

まさに地獄絵図! 『夜と霧』【ノンフィクション】

投稿日:

 

経営者はこーゆー本が好きらしい。

 

夜と霧

 ユダヤ人精神分析学者がみずからのナチス強制収容所体験をつづった本書は、わが国でも1956年の初版以来、すでに古典として読みつがれている。著者は悪名高いアウシュビッツとその支所に収容されるが、想像も及ばぬ苛酷な環境を生き抜き、ついに解放される。家族は収容所で命を落とし、たった1人残されての生還だったという。

著者は学者らしい観察眼で、極限におかれた人々の心理状態を分析する。なぜ監督官たちは人間を虫けらのように扱って平気でいられるのか、被収容者たちはどうやって精神の平衡を保ち、または崩壊させてゆくのか。こうした問いを突きつめてゆくうち、著者の思索は人間存在そのものにまで及ぶ。というよりも、むしろ人間を解き明かすために収容所という舞台を借りているとさえ思えるほど、その洞察は深遠にして哲学的である。「生きることからなにを期待するかではなく、……生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題」というような忘れがたい一節が、新しくみずみずしい日本語となって、随所に光をおびている。本書の読後感は一手記のそれではなく、すぐれた文学や哲学書のものであろう。

by Amazon

「人間を知る」うえで、貴重な体験談が聞ける1冊です。

 

「収容所では非人道的行為が行われていた」というのはざっくりと解ってるつもりでしたが、ここまでだとは思いませんでした。これは酷い。

じわじわと「死」に追い詰められていく人間の心理状態には胸を締め付けられる思いです。

ですが、逆に言えばこーゆー収容所が存在してなければここまでの心理状態には迫れなかったと言うことですね。不謹慎ですが。

 

会社の経営も、言わば収容所と紙一重のところもありますからねえ。

とある社長さんにおすすめされるがまま読んでみましたが、なかなかエグイ作品をお好きで。 ←

経営者は「人間の心理状態」に特に気を遣ってなきゃいけない仕事ですからね。勉強になりました。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: