トラブル 無駄に考察する

「男性に対するセクハラ」も存在している

投稿日:

 

というお話。

 

セクハラ問題の派生形

ちょっと気になったニュースがこちら。

 

 

 

そもそもミニスカートで図書館に来る必要があるの?って話です。

 

ここで、「セクハラ」の定義をおさらい。

 

セクシャルハラスメント英語sexual harassment)は、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉であり、相手の意に反する「性的言動」によって不利益を受けたり、労働環境などが害されるハラスメントである[1]

by wikipedia

「図書館で集中したい」という男性にとっては、ミニスカは充分に「性的嫌がらせ」の部類に入ります。そんなつもりはなくてもね。

「#metoo」にしてもそうですが、私がセクハラ問題に100%の賛同が出来なくて違和感を感じてる部分が、この「男性に対するセクハラも存在している」というところです。

 

確かに、明らかに「それはアカンやろ」という性的嫌がらせはもちろん抗議されて当然ですが、セクハラはほとんど「本人がそこまで気にしてない」というパターンじゃないかな~。このミニスカ問題がまさにそうで。

嫌がらせをしてる方は「セクハラだとうすうす感づいてはいるけど、ギリセーフ」という意識でしょうね。きっと。

 

私は、「図書館にミニスカで来る女子学生は出禁」で良いと思いますよ。勉強しに来てる男性にとっては性的嫌がらせ以外のなにものでもないですからね~。

ナンパや目の保養に来てる男性にはメリットしかないですけどね!(´∀`*)

 

飲み屋行け!( ´゚д゚`)

 

図書館にミニスカで来るのも、「女性の立場を利用した、男性に対するセクハラ」で良いと思いますよ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-トラブル, 無駄に考察する

執筆者:

関連記事

逆に金を持ちすぎてもツライものがあるよ

  バランスが大事ですね。   Follow me!

安価に頭を使うエンターテイメントなら断然「ミステリー小説」がおすすめ

  にっき。   Follow me!

「いい歳して「将来のために我慢する」のはやめよう」と思った話

  意味がない。   Follow me!

コロナウィルスよりも怖いもの

  個人的に。   Follow me!

no image

「直感」に従って生きよう

「直感」には素直になるべし。 よく言われるアレ 「女の勘は鋭い」って理論は脳科学や生物学の話でもお馴染みで 女性はコミュニティ(家族)を侵害する恐れのある天敵(男性の浮気相手)の存在には 常に警戒しな …