明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

怪異古生物考【書評】

投稿日:2018年6月5日 更新日:

 

「伝説の生物」の正体とは―?

 

怪異古生物考

世界各地に残る、さまざまな伝承や伝説、物語。そうした伝承・伝説・物語には、「怪異」がよく登場します。
西洋世界だとユニコーンやグリフォン、アラブ世界だとルフ、東洋の龍、日本のぬえ、天狗などが有名どころです。

こうした怪異、単なる“架空の産物”と思っていませんか?

実は、怪異は、何でもかんでも架空というわけではありません。
モデルとなった「何か」が存在することがけっこうあります。
遠い遠い昔、人々が出会った「何か」が、長い年月をかけて「怪異」に変化して伝説や物語に残っているのです。

本書は、古今東西の有名怪異9体に着目。
プロの学者が繰り広げる科学的考察をもとに、その「正体」に迫ります。
昔の人は、一体何に出会って、その怪異を生み出したのでしょうか?

◆◆◆◆◆

今回は、漫画家・久正人氏に協力いただき、迫力あるイラストを多数描き下ろし。
趣深いイラストと、斬新な紙面で展開される「怪異」と「正体」の結びつき。

怪異の裏に隠れた意外な事実を、存分にお楽しみください。

by Amazon

こーゆー研究はほんとおもしろいですね~。私が小学生だったら自由研究のテーマに選んでましたね。痛い小学生だな!

ドラゴンやサイクロプス、鬼やユニコーンなどの伝説上の生き物は、私世代だとRPGなどに出て来るモンスターとしての印象が強いのではないでしょうか。

そんなモンスターたちを歴史学や考古学、生物学やさまざまな化石から「コレをモンスターと勘違いしたんじゃねえの?」みたいな考察をしていく1冊です。

 

これがまた科学的に見ていくので、さまざまな立証がなんとも信憑性があって「へえ~」が連発しましたね~。

なので、サンタクロースよろしくファンタジーの世界を信じたい人にはおすすめしません\(^o^)/夢が壊れるよ!

 

そりゃ確かにサイクロプスそっくりの頭蓋骨が発掘されれば、昔の人なら勘違いしてしまいますよね。

 

 

ファンタジーの真相を知りたい方は、ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者: